キリスト教についてです。

宗教41閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

三位一体はそのような意味での存在だったのですね! ありがとうございました。

お礼日時:1/24 1:22

その他の回答(3件)

1

大天使ガブリエルによって与えられてはいません。 彼は告げ知らせただけです。

1人がナイス!しています

1

何がキリスト教の正統かは二ケア会議(AD325)で決まりました。 ローマ帝国においては、 その皇帝は自己を神と考えていましたが、 イエスを「神人融合体」とする考え方は、 その母マリアを「神の母」とする考えと共に、 そのような異教文化圏内でキリスト教が発展する中で 出てきたものであって、特に、3~4世紀の テルトリアヌスやオリゲネスやアタナシウスなどの 教父たちによって明確化にされていった思想です。 そして、一旦イエスを神とする考える思想が正統化される (AD325年ニケヤ会議)と、イエスに関する他の考え方は、 ローマ皇帝の政治権力によって排斥されました。 例えば、AD333年に、ローマ皇帝コンスタンチヌスは、 ニケーヤ会議によって異端となったアリウス派の書は 見つかり次第かならず焼却すること、 そして、そうしない者は死刑に処す、という勅令を出しています。 このようにして、イエスは神であるという思想が キリスト教の正統的信仰として確立されていったのです。 現代のキリスト教の多くが、イエスを神と信じるのは、 そのような伝承を受け継いだ人たち (神学者や神父や司教や司祭や牧師)に教えられたことを、 そのまま無批判的に受け継いでいるにすぎません。 ・・・ もっと詳しくは https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13216593133?__ysp=44Ot44O844Oe44CA55qH5bid44CA56We44CA5LiJ5L2N5LiA5L2T

1人がナイス!しています

1

イエス様ご自身がそう言われました。 旧約聖書 出エジプト記 3:14 神はモーセに仰せられた。「わたしは『わたしはある』という者である。」また仰せられた。「あなたはイスラエルの子らに、こう言わなければならない。『わたしはある』という方が私をあなたがたのところに遣わされた、と。」 新約聖書 ヨハネの福音書 13:19 事が起こる前に、今からあなたがたに言っておきます。起こったときに、わたし(=主イエス)が『わたしはある』であることを、あなたがたが信じるためです。

1人がナイス!しています