一般的な乾電池の電圧は1.5V。 でも充電式の乾電池は1.2V。 モーターなどを回す際に性能差とか出るんですか? 電圧が変わることで何か変わることはありますか?

その他の回答(2件)

0

通常の乾電池の電圧が1.5Vというのは使い始めの新品の状態の時だけです。使っているうちにどんどん電圧は低下していき、0.8V位になるとほぼ使えなくなります。 これに対して充電池は満充電だと1.4Vくらいあり、使い始めると1.2V位に下がりますが、その後はその状態がずっと続き、最後にガタンと電圧が下がって使えなくなります。 そのため、平均するとむしろ通常の乾電池の方が電圧が低いくらいで、乾電池を充電池にしても問題ないと言う事です。

0

数値はあくまでも公称電圧で実際の電圧ではありません 充電池は充電すると1.4vを超えます モーターの回転などの差は電圧です 更には回ってる時の電圧が重要で、電池単体で測る開放電圧では予測出来ません 一般的に電池にモーターなどの負荷を繋ぐとアルカリであっても、充電池であっても1.3vぐらいで駆動します そして強力なモーターなどで負荷が大きくなれば更に電圧は下がり1.2vなどでの駆動になります この負荷電圧(駆動電圧)が重要で、負荷大きくなれば充電池の方が有利になります 充電池は負荷に対して強く大きい負荷がかかっても電圧が下がりにくい傾向にあります 夜まで待って頂ければ負荷の大きさ別にアルカリと充電池の電圧差がわかる実験結果を写真と共に回答に書きますよ