交換レンズの70-300mmは一般的に需要がなかったり人気のないレンズなのでしょうか?

補足

フルサイズ機の70-300mmの話です。

デジタル一眼レフ133閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

確かにキャノンのRF100-400mmがあれば70-300がいらないのはわかる気もします。どうせならニコンの80-400のように80mmくらいからあれば個人的な需要は満たされたのにって思います。

その他の回答(4件)

2

エントリーモデルのキットレンズが55-250mmだったことが大きく影響したのではないかと思います。 キットレンズで望遠が出る前までは300mmは重宝されてましたからね。 キットレンズで不足を感じ更なる望遠レンズが欲しいとなった時50mmしか変わらない300mmでは大きな変化が感じられませんから400mmや600 mmを選択する方が増えた。 (NIKONはキットで300mm出してたので) 軽量コンパクトなんていうのはエントリーモデルやミラーレス化によるものでカメラは大きく重いものであるのが当たり前の時代があった。 また、CANONの白レンズへの憧れも強かった。 需要も人気も無いですね。 その手のレンズを選ぶ方は画質より利便性を優先する方ですから広角から望遠まで一本で済ませる18-400なんてレンズ選んだりしますからね。 現在300mmで良いレンズはCANON EF70-300mm F4-5.6 IS II USMだけでしょう。 サードパーティ製と変わらない価格で高性能レンズです。

2人がナイス!しています

APS-C専用レンズに300mmがあったのはNIKONだけです。 レンズ焦点距離はフルサイズもAPS-Cもセンサーサイズとは関係ありません。

1

現状では100-400mmのほうが需要があるようです。 ダブルズームで250や300まであるレンズが付いているとわざわざ望遠側が300止まりのズームは不要になりました。また標準ズームで24-105mmを買ってしまうと焦点距離のかぶる70-300よりは100-400のほうが選択肢としては魅力的なのでしょう。 良いズームレンズも少しずつですが高倍率になりつつあります。かつては3倍止まりだったものが現在では5倍くらいになっています。

1人がナイス!しています

3

300mmはパパママ運動会にはちょうどいよいくらいなので、フィルムカメラの頃には70-300や28-300もおおかったですが、いまパパママ需要はカメラ自体がAPS-Cで200mmあれば300mm相当の画角が得られるのもあり、サイズ感を減らしたいのもあってAPS-C用の200mm~250mmくらいが多いですね。 Nikonの一眼レフエントリーモデルくらいでしたかね。70-300mmついてるのは。それが販売終了してしまうくらい需要は小さいレンズです。 望遠が欲しい層はAPS-Cでも結局100-400、200-500、150-600クラスまで欲しくなってしまいますからね。ある意味中途半端というか、運動会クラスの望遠がほしいのって運動会くらいしかないんですよね…

3人がナイス!しています

1

70-300mm は、APS-C用のエントリーモデルのレンズです。 ニコンは、 AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 2016年に出しています。 キヤノンは EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 2013年に出しています。 ((ニコンやキャノンはミラーレス化に移りゆく中で、 70-300が発売する気配が全くありません。 人気の問題でなく、今のところ、両社とも、APS-C のカメラに本気を出していないだけです。

1人がナイス!しています