添付画像の2問の解説をお願い致します。 ①斜線部の面積 ②斜線部の周りの長さ

画像

算数 | 中学受験114閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい説明を頂き感謝致します。 ありがとうございました。

お礼日時:1/28 8:50

その他の回答(3件)

0

重なった小さな三角形が、1/3の相似形であるため、 面積は1/9となる。つまり、斜線部は8/9 △ABCの面積は6×8÷2=24 24×8/9=64/3=21_1/3 cm^2 ※帯分数のつもりw △ABCの周りの長さは6+8+10=24cm 重なった小さな三角形のうち、斜線は10/3cm、縦2cm、横8/3cm つまり、斜線部の周りの長さは、 24-2-8/3+10/3=22_2/3 cm

0

塾の講師をしています。 この問題は等積変形の典型問題です。まず比からECの長さが3分の8だとわかります。よって小さい三角形の面積は3分の8✖️2÷2=3分の8 よって斜線部=8×6÷2ー3分の8=3分の64となります。

0

小さな三角形と左の三角形(ABC)が相似ということを使って小さな三角形の周囲の長さを求めます。 たぶん辺の比が3:4:5なら直角三角形という性質もいります。 それから小さな三角形と上の三角形(DEF)が相似ということを使って斜線部のまわりの長さを求めます。