ここから本文です

異食症と精神的な状態は関係あるのでしょうか?

anm********さん

2009/5/116:05:58

異食症と精神的な状態は関係あるのでしょうか?

3か月ほど前から精神科に通院しています。
今まで特にお医者さんから具体的な病名や症状などを教えていただいたわけではないのですが、休学に必要な診断書を見ると(病名が分からないのは不安で盗み見てしまいました;)、「抑うつ症状」「適応障害の疑い」と書かれていました。
てっきり自己判断とはいえ「うつ病」だと思っていたので、少し驚きました。
まぁ病名については特に気にせず体を治していこうと思うのですが、一つだけ気になることがあります。

幼児期から私は、爪や指の皮を噛む、紙切れやゴムなどを口に入れてしまう、かじってしまうという癖がありました。
正直、誰かに相談できることでもないし、「幼稚なのでやめなければいけない」と思っているのですが、なかなか癖が治りません。
(昔、癖がひどいときは血が出るまで爪を噛んだり、消しゴムをかじっていた時期もありました;)
まだお医者さんにもこのことは話していなくて、というか話すタイミングが良く分からなかったりします;

この癖について、「そういえば一時期は無意識にやめていた時があったな」と気づきました。
どうも考えるに、精神的に落ち込んでいるとき、ふさぎこんでいるときは、よくこの癖が出やすい気がします。
(その自覚がない時も癖が出るときは良くありました、逆に充実しているときはこの癖が直るのかも?)

そこで質問なのですが、精神的な状態で異食症がでたり治ったりということはあるのでしょうか?
また、異色症を治す方法、「自分はこう治しましたよ!」と何か知っている方は、アドバイスをしていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

ちなみに私は20歳の大学生です、さすがにこの年で子供みたいに口に物をなんでも運んでしまうのは恥ずかしいですよね…;

閲覧数:
10,015
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yee********さん

2009/5/116:19:45

異食症の原因のトップは、極度の精神的ストレスです。私の場合、自分の体の一部をかむ、食べるなどの行動がありました(こうして書くとなんだか怖そうですが、かさぶたとかはがれかけの皮とか食べちゃいました。もっとひどいこともありましたが・・・)。ストレスによりセロトニン不足が生じ、感情や欲求が抑制できなくなるのが一因と言われているそうです。

そのため、わたしの体は一時期ぼろぼろで、かさぶただらけ。そんな自分にどんよりしていましたが、治療を受けているうちに徐々に症状は治まりました。ただ、自分でやっていたことといえば、自己暗示でしたね。ほとんどのとき無意識にかさぶたをはがして、口に入れてはっとわれに返るのですが、そのときに「これ以上続けると胃があれてもっとひどくなる」「大丈夫、やめれる」と言い聞かせそして、変わりに龍角散のど飴を食べて口をとりあえずふさいでいました。常に、何か口にできるものを携帯すると良いかもしれません。ガムやあめなどが長く口にあるので、お勧めです。
ただ、お医者さんには早めに言っておいたほうがいいですよ。
お医者さんには症状を全部話して投げちゃってます、私。

また鬱はさまざまな症状を併発する病ですので、病名だけで驚かないでくださいね。逆にうちの先生みたいに「適応障害」「境界性人格障害」「拒食症」「不眠症」「うつ病」、全部まとめて診断書に『うつ病』でしたから・・・

質問した人からのコメント

2009/5/1 23:23:42

笑う 丁寧に教えていただいてありがとうございます!
自分の幼稚さが抜けないだけなのかと心配でしたが、こんど機会を見てお医者さんにも相談してみようと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる