ここから本文です

桃太郎のお供はなぜ犬、猿、鳥ではなく、犬、猿、雉なんですか?

mud********さん

2009/5/414:33:39

桃太郎のお供はなぜ犬、猿、鳥ではなく、犬、猿、雉なんですか?

キジである意味はあるんですか?
意味がないなら
ブルドック、テナガザル、キジでもよかったんですか?

閲覧数:
31,660
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fro********さん

2009/5/416:32:01

『猿』.『雉』.『犬』と桃太郎の『桃』は、
陰陽五行説と干支の関係があるといわれています。

何故、雉(キジ)なのかは、
古くから鳥といえばキジがポピュラーだったからでしょうか。
ニワトリと違って、キジは空を飛べるので、鳥類に代表としては相応しいのでしょう。
また、平安時代には天皇への献上品として、
野鳥類を代表して「キジ」が選ばれています。
現在でも日本の国鳥は「キジ」です。

ブルドック、テナガザルは残念ですが、
日本に生息していなかったでしょうから却下です。
チワワ、ゴリラ、ハゲタカ、九官鳥も除外です。

ちなみに、アジアの国はキジ科を国鳥にしている国が多く、
タイ.ミャンマー.インド(孔雀はキジ科).ネパール.イラクがそうです。
桃太郎の伝説が、モンゴルならワシ、ブータンならカラス、
フランスならニワトリ、バハマならフラミンゴになっていたかもしれません。

桃太郎が退治に言った「鬼」は、風水では、
丑と寅の間の方角(北東)である「鬼門」からやって来ると考えられています。
桃太郎はそれに対抗して、裏鬼門に位置する動物、
申(サル)、酉(キジ)、戌(イヌ)を率いたという解釈です。

敵役である鬼が牛の様な角を生やし、虎の腰巻きを履いているのも
鬼門に位置する「牛」「虎」の干支によるものといわれます。

しかし、丑と寅の逆の方位に当たるのは、
申、酉、戌ではなく、未と申である事から、
率いている動物には別の意味があるともされます。

陰陽五行説では桃、申(サル)、酉(キジ)、戌(イヌ)はどれも金を意味します。
(金は、西.秋.白.桃.稲に対応し、
十二支の子を北にして時計回りに、
干支を振り分けると西に申酉戌がきます。)
桃太郎は、鬼ヶ島に鬼を退治しに言って財宝を持ち帰ります。
儒教的解釈では、
サルは智、キジは勇、イヌは仁を表すともされています。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2009/5/419:46:14

先の方が陰陽説で説明なされたので、補足的に成ります。
古来、雉は子供を守るために猟師の前に自ら身をさらす勇気有る鳥てして、勇気の象徴でした。
猿、犬はお解かりかと。
桃太郎には諸説有ります、室町時代に吉備津彦命の英雄伝説を、江戸時代の作家、滝沢馬琴が御伽草子として完成させた。
或いは、西遊記を模倣した。
各地の伝記伝承を集約したなどなど。
当時、桃は「カムヤイワレヒコ」と神様扱いの果実。
川は生命の源、最も神聖なもの。
川から流れてきた桃から生まれた子供、言い換えれば、神の子として神格化したものと考えるのが妥当でしょう。
特定の人物を神格化する必要が有ったとすれば、実話の可能性がかなり高まりますね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる