ここから本文です

地デジアンテナ設置のアドバイスをお願いします。 電気店やホームセンターから資...

tak********さん

2009/5/417:31:46

地デジアンテナ設置のアドバイスをお願いします。
電気店やホームセンターから資材を購入して、取り付けましたが映りませんでした。

地理的な場所ですが、東京タワーから30km程度離れている千葉県北西部になります。
設置方法ですが、戸建て2階のベランダからマストを上に伸ばして取り付けします。

すでに購入したもの
・アンテナ:U144G(マスプロ) 14素子
・ケーブル:5C-FBS-30M 30m
・アンテナプラグ:AP73E-P(マスプロ)

上記の資材を使用し、試行しましたが、信号強度が15db前後でした。
20dbを超えるとなんとか視聴可能となると思いますが、上記の資材では角度をどんなに調整しても無理でした。

改善方法のご教授をよろしくお願いいたします。
・屋外ブースターの必要性
・アンテナの素子数の変更必要性(14→20)
・その他

※ケーブル長が30mを使用してますが、5m~10m程度短縮することも可能です。
※スキマケーブルなどは使用していません。
※ケーブルの途中に分配機や混合機はありません。

補足現段階のご回答返信と試行結果です。

1.表記している信号強度は、C/N比になります。

2.ケーブルを極力短くして試しました。
使用はケーブルを以前使っていた「3CFVR」の3mにしました。
その結果、信号強度が25dbを超える値となり、視聴可能になりました。
ということは、ケーブルの問題のようです。
ケーブル長に問題があるのか、もしくはケーブルの品質が良くないのかのどちらかになるのでしょうか。

閲覧数:
5,076
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pup********さん

編集あり2009/5/508:58:25

アンテナプラグAP73E(-P)は、200・300Ωのフィーダー整合器内蔵で75Ωでも使用できる物です。
AP73Eは、F型接栓やシールド型アンテナプラグと比較して損失が有り、ノイズにも弱く、基本的にデジタル放送には対応していません。
AP73Eを75Ω同軸ケーブルで使用する場合には、内部のコイル線を切断した方が良いです。
また、同軸ケーブルの銅編組やアルミ箔が、芯線端子と触れ合わないように、確実に取り付けてください。

やはり、5C用F型接栓や75Ω専用シールド型アンテナプラグを使用した方が良いですよ。

アンテナは、ブースター無しで安定した受信を考えると、14素子のU144Gでは頼りない感じがします。
東京タワーからの電波は、ローチャンネルですから、U144GやU204Gでは、利得は低めです。
14素子なら U14TMH 、20素子クラスなら U20TMH または、LS14TMH (20素子クラスの利得性能)が良いと思います。

素子数とブースター有無は、近所の家の状況や話を聞いて判断してください。

東京タワーから30kmくらいで、視聴難地区でもなければ、 LS20TMH までは必要ないでしょう。
ローチャンネルでは、LS14 や LS20 は、さらに意味が無い。

個人的には「受信レベルギリギリのアンテナ+ブースター」より、受信レベルに余裕があるアンテナ(ブースターなし)の方が良いと思います。

また、アンテナの設置時に方向の角度調整だけではなく、アンテナの高さを変えたり、マストの位置を横にずらすと、急に受信レベルが上がる場合もあります。試してください。

まずは、
1.アンテナプラグの加工を確認。
2.5C-FBSを(3CFVRと同じ条件の)3mに切り、試してみる。
3.今 ある U144G で、アンテナ設置位置を調整してみてください。
4.それでも改善しないのなら、アンテナ変更。またはブースター追加。

新たにアンテナやブースターを購入するなら、Yahoo!オークションやYahoo!ショッピング、楽天市場などで安く購入できますよ。

質問した人からのコメント

2009/5/8 00:47:57

仮設置の段階ですが、アンテナプラグAP73Eを別のものにし、アンテナの高さを変えることによって、改善できました。まだ、微妙に安定しないチャンネルがありますので、ローチャンネルに特化しているアンテナを購入しようと思います。ブースターは高価なので最終手段とします。
アドバイスありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

編集あり2009/5/420:14:46

まずはご近所で地上デジタルを受信しているところがあるかどうかを確認しましょう。とりあえず思いつくことを挙げてみますと、

・信号強度はなにで測りましたか? 受信機の表示する信号強度はただの目安で単位はでたらめ(同じ信号強度でもメーカー、機種によって全然違う値になる)ですので、この点は正確に記述してください。また、デジタル受信機が表示するのは信号の「強さ」ではなく「C/N比」なので、信号が強くてもノイズだらけだと値が下がります。

・アンテナの調整は方角、仰角の調整以外に高さの調整もあります。

・ブースターは分配ロスを補うもので、アンテナ直下で受信不能だとブースターを入れてもノイズが増えてますます受信不能になるケースがあります。「ノイズは増えるけど映るようにはなる」というアナログ時代のノウハウはデジタル放送には通じません。

・地上デジタル放送の開始で東京タワーの外見が変わっていることにお気づきですか? 展望台の上にある、長方形の板が円筒形に並んでいるのが地上デジタルのアンテナです。タワーの先端にあるアナログ用のアンテナに比べ低い位置にあるので、アナログの電波は届くのにデジタルの電波はビルや山の影というケースがあります。この場合、スカイツリーの完成を待ちましょう。

・より高感度のアンテナへの交換は将来的には無駄にはならないと思いますが、「現在の問題」を解決できる保証はありません。

補足に対する追記
5C-FBタイプのケーブルは一般に入手できるケーブルとしては上等なもの(メーカーが確かならですが)です。
アンテナとの接続部分やテレビ接続用コネクタ取り付け部の加工寸法(皮を何mmむく等)は正しいですか? コネクタはF型コネクタを推奨します。
ケーブルを直角曲げのような極端な曲げ方をしていませんか? ケーブルは販売時のリールの曲げ半径よりゆるい曲げ半径を目安に配線してください。
ステップル等で断面形状が変わるような固定をしていませんか? 固定はケーブルにダメージを与えない専用のものを使ってください。
配線のそばにノイズ源になるもの(電力線など)はありませんか? ノイズ源からはなるべく離してください。
いずれも初歩的な部分ですがつい手を抜きがちな部分です。

あとは必要以上に長い配線をしないことですが、屋外から屋内に引き込む部分では必ずケーブルを屋外側で壁の穴より低い位置まで垂れ下がらせてください。でないと雨が伝って流れ込みます。

haw********さん

編集あり2009/5/501:02:41

見た限り十分条件を満たしていると思いますが、よほど電波障害のある地域なんでしょうか?
素子数など十分だと思いますが、近所のアンテナの素子数を見てみてください。
まずは、アンテナケーブルを最短にして確認してみたほうがいいと思います。

30mならちょっと長いですが、現実的な長さだと思います。コネクタの加工をまず疑い、それで問題なければケーブルの品質が悪いというか、粗悪品と疑うほうが妥当かと思います。
プラグはF型接栓の方がいいですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる