Amazonアソシエイトの表示方法カスタマイズについて

Amazonアソシエイトの表示方法カスタマイズについて 商品リンクを作成した所、画像有りの場合はiframeになります。 画像無しの場合はただのリンクになります。 いくつかの支援ツールを見るとソース上は完全にただのリンク化しているので 商品ページから画像のURLを抜き出し、表示しています。 iframeを表示せずにソース抜き出して画像有りのリンクにしても規約には触れないのでしょうか? ぶっちゃけてしまうとデザイン合わんから勝手にソース参照して変更してもいいか?って事です。 具体的には ・商品の画像 ・商品のアソシエイトID付きURL を抜き出して、単純に一覧化したいだけなんですが。

ブログサービス4,629閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

はい、まったく問題ありません。 Amazonが提供しているのはタグ付きリンクと商品画像で、その表示方法は各人にまかされています。 アソシエイトID入りURLもいろいろな形式が、 Amazonアソシエイトの「リンク&バナー」→「リンクの動作確認ツール」で有効となっています。 たとえば短めのものでは以下。 amazon.jp/dp/[10桁の商品コード(ASIN)]?tag=[アソシエイトID] www.amazon.co.jp/o/ASIN/[10桁の商品コード(ASIN)]/[アソシエイトID] 参考:http://anond.hatelabo.jp/20070416190523 大きい画像を使えば、縮小や回転などもURLを変更するとできます。 http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/blog-entry-164.html 最近Amazonに追加されてきた、とても大きな画像のURLを探す場合は以下が便利です。 http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/blog-entry-360.html

その他の回答(1件)

0

はい、Amazonアソシエイトを利用している場合は、商品の画像を自由に使用することができます。 ID付きURLだけ抜き出して使うことも可能です。 オススメの支援ツールはGtools。 http://www.goodpic.com/mt/aws/ Amazonアソシエイトの管理画面にある各種ユニットは、Web初心者向けの支援ツールといっても過言ではありません。AmazonはAWSというプログラミング用のソースも提供しており、Amazonアソシエイトを利用すれば、Amazonの機能をほぼすべて自由に活用することができます。