福島第一原発事故、原子炉に向けヘリコプターで水を撒いていましたが、、、 あんな雀の涙。 あれって意味のある行為だったのですか?

原子力災害65閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

あまり意味がないです 原発の燃料は簡単に言うと一度火をつけたら3年以上確定で燃え続けるろうそくです しかも、常に発熱するので常に冷却しないといけません 福島の場合は津波で電源に水をかぶって冷却システムが使えないのが問題 津波被害を受けた女川原発は電源が高い場所に置いてあったのでその後避難所として使えたのは有名 一瞬水掛けても意味はありません カテゴリーマスターはデマ情報拡散専門家でメルトダウンなんてしていないのにしたと嘘をついているのでお気をつけください

1

地震や津波対策をしなかった原因者の一人でもある吉田所長は、ヘリでの放水を『セミの小便』だと言っていましたが、それはとても意味がある行為でした。 発災翌朝、ヘリでイチエフに降り立ち、神風特攻ベント命令を下した菅直人。 東電映像を見ての通り、そのやり取りを東電テレビ電話で伝えて神風特攻ベントを東電本店から了承を得た吉田所長。 でも、次々とメルトダウンし、次々と大爆発して吹き飛んでいく原発でした。 自衛隊のヘリも放水待機を続けましたが、線量が高過ぎて緊急時の被曝限度値も遥かに超える被曝となりますから幕僚長も特攻命令を出せません。 近寄り過ぎれば大量被曝で中枢神経が侵され、意識も失い無駄死にとなってしまうからです。 4号機プールの注水だけは、これはヤベーとアメリカ様も手伝ってくれましたが、更に他も依頼されたアメリカ様は激おこプンプン。 岡崎駐米大使はカート キャンベル国務次官補に突然呼び出しをくってしまったのです。 突然呼び出されたのに握手もしてもらえない岡崎さん。 カートキャンベルは、その岡崎にこう言いました。 もう知らんもんね!後はおめぇーらで数百人単位の英雄的犠牲者(ヒロイック サクリファイス)を出せや!と、怒鳴られてしもうたのです。。。 岡崎さんは直ぐに打電しました。 それが直ぐに幕僚長にも伝えられ、神風特攻がスタートです。 ヘリにタングステン板を敷き詰め、鉛でオモオモの防護衣を装着し、身動きも操縦も困難な鉛防護服を着て神風特攻がスタートしました。 でも、無駄死には出来ませんから高い高度からの放水で、干上がった核燃料プールに水は殆ど入りませんでしたが、その何日も前から放水も出来ずに上がり続ける線量を見ていた多くの国民は、期待を持ち直したのです。 情弱以外は東日本から脱出を始めていて、外人なんかは殆ど見かけなくなりました。 本国からチャーター便が来て帰国命令ですから。 多くの国民が諦めかけていた時、一筋の光りを見た思いがしたのです。 菅直人の依頼で東京都のハイパーレスキューも神風特攻です。 中に入れば入れば100ミリシーベルト超えの大量被曝ですが、環境中に剥き出しの核燃料に水を掛けなければ日本全土が終了です。 その時の隊員たちの自撮り映像がテレビで放映されました。 漆黒の闇に、キラキラと光りながら振り注ぐ放射性物質。 人が歩けば更に舞い上がり、線量計もミリシーベルト単位で上昇です。 その100ミリシーベルト超えの敷地に手延べスーパーポンパー神風特攻放水です。 干上がった核燃料プールに水が入った時、ジュッと音がして空間線量もかなり下がってくれたのです。 その後もまた4号機プールが干上がり火を吹いて空間線量が上がり過ぎて避難したりとかの連続でしたが、大勢の方々の大量被曝の決死隊作業で今の日本が残りました。 住めない国土も出来てしまいましたが、ヘリ放水は、その後に勢いをつける本当に重要な作業だったと思われます。 南相馬の部品工場等々が、放射能汚染で操業停止し、自動車や家電等々の生産も相当滞り、製造業だけで数十兆円もの損害を出しましたが、あれ以上人間がいなくなったら、我が国の製造業も終わっていたかもしれません。 自民党が下野するまでは再放送も不可能なSDカードのデータを、各放送局が持っています。 2011年3月18日 東京消防庁 ハイパーレスキュー隊 撮影 ≪福島第一原発 活動記録映像≫ R-1 ■ドライブショット→原発正門へ ■原発構内走行※CS内 ■原発構内偵察①(港付近) ■原発構内偵察②(2号機・3号機 東側) ■出場①②※CS内→車外へ ■正門前 夜間最終打ち合わせ 等々、

画像

1人がナイス!しています

第3方面 ハイパーレスキュー隊 隊員の被曝管理担当 鈴木成稔部隊長 砂埃が一気に舞って チカチカ光るんですよ。 それがある意味その 放射性物質 その時に砂埃が舞うときに放射線測定器の値も一気に上がるんですよ。

画像