非営利目的であり、収支がマイナスであったとしても、公務員がBOOTHなどの通販サイトでアクリルキーホルダーなどのグッズや、同人誌を頒布することは認められないのでしょうか?

補足

副業や副収入であるとみなされてしまうのでしょうか……? 公式が、非営利であれば同人市場などにおいて二次創作物を利用しても良いという内容の利用規約を出しているので、著作権などの話についてはこの質問では関係ありません。

同人誌、コミケ | 法律相談156閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:7/5 8:24

その他の回答(4件)

0

BOOTHの規約に公務員がお断り ではないので ページ自体作ることは可能です 職場の公務員側が禁止してるんです BOOTHではなく 例えサークル参加 無料配布であっても バレたら面倒所じゃなく下手したらクビです、、、 ちなみに 自分が赤字でも販売(赤字であっても金銭やりとり有り) の場合は言い逃れしようがありません

0

お金のやりとりをするので頒布ではなく販売ですね。 販売ではなく頒布といえば非営利である、という言い訳は同人世界のみに通用するものであり、職場には通じないと思います。 副業です。 バレたときに問題になるのが嫌なら、あらかじめ職場に許可を取ればいいと思います。 販売ではなく頒布なので非営利です、と言って認めてもらえるといいですね。

0

金額よりも、職務専念が出来なくなり、機密漏洩&信用失墜の恐れから副業は禁止です 取り様によっては、こういう品が作れるという腕前の披露や人気が出るまでの種蒔き期間とも考えられる

1

副業は定期的な収入 副収入は臨時の収入 たとえば書店で通販を委託した(通年)ダウンロード販売をした(通年)だと定期収入になります。 即売会の会場で頒布し余った部数をBOOTH(倉庫発送ではない)を使って自家通販した場合、臨時収入になります。 副業は定期的に収入が見込まれる状態の販売です。書店委託やDL販売は通年を通して誰もが購入可能である方法なので副業として扱われやすいです。 副業ではなく副収入の場合は上司の許可は必要ではありませんが、副収入がある状態ですので報告はしましょう。

1人がナイス!しています