ID非公開

2022/5/3 13:16

55回答

あなたは専門家を名乗れますか。 . 1 理系の人の例

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/5/3 14:02

文系の学会には「研究者」という言葉があります。知人が文系の学会で「在野の研究者」と名乗ったら「研究で収入を得ていない人間が名乗るな」と言われました。理系では「一介の研究者」なんですが、文系では大学の教員に雇われて初めて名乗れます。「研究者=専門家=権威」みたいな感じです。「素人が書いた本ではなく研究者が書いた本を読め」みたいな言い方をします。 要するに文系は教師の世界なんですね。研究者=教師=専門家=権威と思えば良いかと。勉強したことを他人に教えるのが教師。彼らの書いた論文は基本的に海外の学者の理論を勉強して日本に紹介するような内容です。当然海外の学会に投稿してもアクセプトされません。だから日本語でしか論文を書きません。信じられないかもしれませんが、外国語の論文を読まない(読めない)人が大半です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

>文系は自身の理論を支持してもらえるかが肝要になるが故にこういうことになるのでしょうね。文系の学者というのは「顔(肩書)」で仕事をしているようにも感じます(特に政治経済)。 ありがとうございます。

お礼日時:5/7 20:32

その他の回答(4件)

1

>あなたは専門家を名乗れますか 自分はジェネラリストとして生きてきたのでそんな名乗りはとてもできない。 ちなみに専門家かどうかというのは、他社から評価されるべきものであって 自ら進んで名乗るものではないと思う。 他の方の理系の人は客観的数値評価がしやすいというご意見には賛成だが、 その他に理系の博士号取得者が文系の取得者に比べて多いことも 理由の一つではないかと考える。 理系の方が関連分野での競合者が多いため、一般に専門領域の範囲は 狭くならざるを得ないのではないだろうか。 >aas*******さん >2022/5/3 14:46 >文系・理系関係なく、研究者≒Ph.D.を持っていて営利目的ではないアカデ>ミックな機関で研究をしている人ですよ。 上記意見には全く同意できないな。 「専門家」というのは学術領域だけじゃない。例えば20年位前に ノーベル物理学賞を受賞した小柴教授のスーパーカミオカンデの実現には 浜松ホトニクスという会社の「光電子増倍管」が欠かせなかった。 こうした技術を持っている人たちを専門家と呼べないはずがない。 上記意見はまるで明治初めの国策で日本にはない欧米の新智識を留学で 学びに行った帝国大学教授しか見えていないような時代錯誤の考えだと思う。 もう一人ノーベル賞受賞者の例を出せば、タンパク質のMS分析法で 受賞した田中耕一氏は、受賞当時博士号もお持ちでなかった島津製作所と いう一企業の研究員。彼を専門家でないとは言わせない。

1人がナイス!しています

0

私もkon********さんの、自然科学は客観的な数値評価がしやすいから、というのが背景にあるからという考えに賛成です。数値評価なしでどの程度の専門家が評価するのは難しいです。 でも、文科省が研究者のレベルを評価したりするのに、数値化を導入しようとしたら文系の研究者が強く反対したりします。数値評価がなければ地位さえ確保すればもう専門家を名乗れます。 そこが態度に現れます。

4

文系・理系関係なく、研究者≒Ph.D.を持っていて営利目的ではないアカデミックな機関で研究をしている人ですよ。 ただ、この知恵袋にも、大学を出て製薬会社等に勤めたことがあるだけで、自称研究者や自称専門家を名乗ってデタラメ回答している人が何人もいますけどね。 このカテにもよく出没してる奴がいるわ。

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/3 14:59

企業の研究所は営利目的だから研究じゃないのですか。ベル研究所が多数のノーベル賞学者を輩出していますが、あれも研究じゃないのですか。

1

個体差でしょう

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/3 13:39

私が今までに会ったことがある文学部の教授は皆2のような態度で接してきます。理系の学会で会う人は皆1のような態度です。何か理由があるのではないかと思いました。