ここから本文です

小野田寛郎、横井庄一の両氏。 小野田氏の評価の方が高いようですが、なぜですか?

fri********さん

2009/5/1300:10:46

小野田寛郎、横井庄一の両氏。
小野田氏の評価の方が高いようですが、なぜですか?

閲覧数:
41,089
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

elg********さん

2009/5/1408:38:02

横井庄一さんは単に逃げ隠れしていただけです。
小野田寛郎氏は終戦を知りつつも任務遂行の為に戦闘を継続していました。
直属上官の戦闘停止命令が来て初めて降伏しました。
「MrオノダはWW2の唯一の勝利者だ」とアメリカ人もいいました。
降伏したのは1974年3月10日です。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hel********さん

2009/5/1400:33:25

兵と将校の違いでしょうか。どちらも召集令状で兵士になったのですが、横井さんの
ほうは下士官(軍曹?)で終わり小野田さんのほうは少尉でした。また救出状況も
横井さんは終戦を知らず隠れていましたが、小野田さんは知っていて命令どおり現
地に留まり尚も戦闘を遂行していました。銃も横井さんのは錆びて使い物になりま
せんでしたが、小野田さんのはピカピカで実用に使われていました。軍人精神の叩き
込まれ方が違うのでしょう(小野田さんの方は何かのテレビ番組で救出時のご自身
をビデオテープで見られて人の目ではないと仰っていたのが印象に残ってます)。

shi********さん

2009/5/1314:15:31

そんなこともないように思いますけどね。
横井さんの「恥ずかしながら帰ってまいりました」は流行語になりましたし、
サバイバリストとして、著作や講演活動などしていたようですし。

横井さんは激変した戦後の日本に、すんなりなじんじゃいましたから、目立たなくなっただけでは。
「よっこいしょ~いち」というギャグもありますしね。

小野田さんは、とあるドキュメンタリー映画の中で、靖国神社で右翼系の人から
大拍手されているのを見て以来、わたし個人的にはちょっと引き気味です。

横井さんの著書『無事がいちばん:不景気なんかこわくない』は、今こそ読み返してみたいですね。

ins********さん

2009/5/1304:38:12

最初に見つかったのは横井さんでした。
名古屋の方でしたね。
もともと職業を持っていた方が徴兵によって戦地に行かれたということでした。

小野田さんは陸軍中野学校を出られた方です。
軍人としての教育を徹底的に叩き込まれた人でした。
話し方も非常に落ち着いていてもの静かで、話す内容もまとまっていてきちんと筋道を立てて話されていました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる