ID非公開

2022/5/8 0:46

55回答

宅建。宅地建物取引士が役に立つ資格と言われる所以について

資格 | 職場の悩み1,484閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

金融関係だと、不動産を担保に取ったり、抵当権や質権などの 債権関係や相続、税制などに債権管理上精通している必要があ るため、その基本を学べる宅建は意外に評価されます。また、 企業の総務や管理関係の部署で役立つ場合もあります。更に、 資格自体がそれなりに難しいため、その努力や姿勢が評価され ることもあり得ます。それに個人でも将来、マイホームや物件 を購入する際、その知識が活かせるでしょう・・・

1人がナイス!しています

5

高卒でも宅建持ってたら、こいつやるやんか って言われるくらいかな。

5人がナイス!しています

1

資格者が足りていない訳ではありません。むしろ十分に資格者が居て需要を満たしているから合格者を絞っている面はあると思います。その辺が保育や運転技能系と違うところですね 不動産屋以外にも需要はありますが、そうは言っても不動産関係者以外には関係のない資格ですね。 自分が知ってる範囲だと、不動産業の他には銀行など不動産に関連するお金のやり取りをする会社や、自社の不動産を管理する部門(総務など)の人が取得者が多いように思います。

1人がナイス!しています

1

住宅関連以外だと評価されません。 役に立つのは、不動産関連の方のみです。 不動産関連と接点のある仕事は多いので、錯覚してるだけかと思います。 満遍なく評価されたいなら、簿記2級、TOEICあたりにしてください。

1人がナイス!しています