日本武道館で3年ぶりに開催された柔道の全日本選手権で、国士舘大学3年の斉藤立が決勝で昨年の世界選手権王者の影浦心を14分21秒の激闘の末に破り、

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

>>決勝は小川VS斎藤になって欲しかったですね。 この両者の父親はソウル五輪の代表選考で争いましたね。 ソウル五輪から無差別級が廃止されて、金メダル有力候補だった斎藤・小川・正木の3人のうち2人が脱落を余儀なくされたので、日本にとってこの措置は実に勿体なかったと思いますね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳細な解説ありがとうございます。 とても勉強になりました。 なお、他の方もご回答下さりありがとうございます。

お礼日時:5/16 15:09

その他の回答(2件)

1

親父を超える選手になって親父の墓前に報告してほしい。

1人がナイス!しています

1

まだ粗削りだけど、あの身体だからやっぱ強いなと。 思ってたよりスタミナもあったし。 まだ世界で優勝できる技術はないと思います。

1人がナイス!しています