ID非公開

2022/5/9 13:55

66回答

日本仏教のいろいろな宗派の総本山を 数ヶ所巡ってきたのですが そこでは宗祖や中興の祖をとても 敬っているように感じられました それはそれで素晴らしいことなので

宗教 | 哲学、倫理142閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

我々は太陽を特別扱いしますが、その実、太陽は数ある恒星の中ではそれほど傑出した存在ではなく、ごくありふれた星の一つにすぎません。それでも我々が太陽を特別扱いするのは、我々にとって太陽が極めて重要な星であるからです。 そうした中、銀河系の〇〇にある××という星は、太陽なんか比べ物にならないほど巨大でパワフルな星であるといわれたところで、へーそうなんだ、で終わりです。釈尊は確かに偉大かもしれませんが、我々はどんなに偉大な人物よりも、身近な太陽が必要なのです。

その他の回答(5件)

0

一言でいうのなら元祖善知識。 お釈迦様は、ご自分の先生を紹介しに来られたので。

1

釈迦はほぼ無視というような宗派もありますし、 僧侶の長い長い法話に釈迦の2文字が出てこないようなケースははよくあります。 中には釈迦を脇仏として補佐役のように扱う場合もあります。 いろんなケースがありますがどれが正しいのかどうかは不明です。

1人がナイス!しています

0

日本は仏教国ですが、仏教ではありませんよ? 総称して仏教と言わないと反論する人が出てくるのであえて総称して仏教と言ってるだけです。 そもそも、真言宗は真言密教でり釈迦の教えとは異なります。 天台宗もそうですが、浄土宗・浄土真宗も仏教ではありません。 仏典に南無阿弥陀仏と唱えなさいとは書かれていません。 日蓮宗も仏教ではありません。 1番釈迦の教えに近いのは、 禅宗(臨済宗・曹洞宗)かもしれませんね。

1

釈尊は自分の死後2000年経つと末法という時代に入り、自分の仏教では救われる人がいなくなる、末法に入ると新しい仏が現れて新しい仏教によって人々が救われるだろう、という予言を残しています。 日本で言うと平安末期から鎌倉時代初期が末法の初めに当たり、その頃に新しい仏教教団が沢山現れました。 禅宗、浄土宗、日蓮宗などの鎌倉仏教と呼ばれるものがそれです。 それより少し早く成立した天台宗や真言宗も含めて、釈尊の扱いが軽く感じられるようになっているのはそのためです。

1人がナイス!しています

1

それは、私も思います。 お釈迦様は一人なのに、 宗派が分かれている日本の仏教はニセモノだと思います。

1人がナイス!しています