ID非公開

2022/5/10 15:08

88回答

起業したいです。 わりとアイデアを出すのは、得意な方です。 ただ思い浮かんでも、その先の進め方がイマイチ分からないです それに、お金もそんなに持ち合わせていない為、どのようにして進めればいいか、、と

起業366閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

まず最初にやる事は他人の飯を食う事、アルバイトからですよ。 やりたい事、興味が湧いたことから始めないと、 交番で、・・俺は何処に行けばいいんでしょうか、何をやればいいんですか、?と聞いてる様なものです。 お前、バカか、。。と言われます。 何に興味が有るか、なになら出来そうか、・・からですね。

その他の回答(7件)

0

得意な方ではダメでしょうね。 それを具現化できる人が成功できる人です。 ビジネスパートナー探しても失敗しますよ。

1

先に買う人を見つけるのが、商売の鉄則です。 どんないいものやいいサービスを作っても、作ってから買ってくれる人を探すことは恐ろしく労力が必要です。 こんないいものだったら欲しがる人がいるだろう。。は、失敗の始まりです。 起業は、買ってくれる人を明確化にでき、そのニーズを確実に当てるためのアイデアとは何か?が問われます。

1人がナイス!しています

1

マネタイズを学んでください。 お金に変える事ができないならアイデアはただの妄想です。 行動する事で見えてきます。

1人がナイス!しています

0

>わりとアイデアを出すのは、得意な方です。 ただ思い浮かんでも、その先の進め方がイマイチ分からないです →どこにでもいる凡人ということです。 そこら辺にいる普通の人、みんな「こんなことやったら儲かりそうだな~」「このアイデア売れるんじゃないだろうか」って考えますよ。 それを形にして、利益を生む事業にするのが難しいんですよ。 優秀な人は、残念ながらあなたをパートナーに選ばないでしょう。

ID非公開

質問者2022/5/11 12:04

じゃあ、自分でしますよ

1

少しでも手持ちの資金があるなら、YouTubeチャンネルで社長との対談番組を企画する 安いフリーランスと組めば、1日3万(撮影+編集)で3~5人の社長との対談番組が作れます あなたが、この人ならパートナーになってくれるかも!と思う経営者に片っ端から声をかけましょう! 番組自体、無料を謳えば乗ってくる経営者は多くいますし、最初に貸しがあるので、その後の交渉を有利に運べるでしょう

1人がナイス!しています