キルヒホッフの電流法則ってどこまで有効なのでしょうか? 下記のような集中定数回路で書かれた高周波回路があります。

画像

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 (非線形負荷とはサーミスタや半導体、スイッチが入っている回路を想定していました) キルヒホッフの電流法則は分布定数回路には適用が難しいですね。 わかりやすくするために下図のような状態にすると任意負荷にどのような回路、周波数、条件が来てもi1=i2ですよね。

画像

その他の回答(4件)

0

回路という条件の中と外では違う。 回路図では明記されていないことは「理想」で線のインダクタンスも浮遊容量も考えない。 法則には成り立つ条件が必ずあってその制約の中で成り立つ。 あなたは法則の名称を言っているが内容を言っていない。 そんなことを考えてみたら判るかも?

1

キルヒホッフというのは原理原則だからなあ。実際はそのとおりでないというのはよくあることで、それは別の要因が絡むだけのことで基本の原理原則が揺らいだわけではない。 図の場合も入りと出の電流は同じです。高周波だからというのも関係ないでしょう。高周波なら電波としてあちこちに飛びつくとか、漏れるとか、インダクタ相互誘導が発生して別回路ができるとか、ありますが、それは想定とは別回路になってるだけのこと。

1人がナイス!しています

そうですよね。通常この周波数では分布定数で考えますよね。 もし問題の回路を「集中定数回路」と限定せず、「現状の回路を見たまま図に表すとこのような図になった」と現実よりの話にすれば、i1=i2が成立しないのは分かっていましたので問題を単純化したモデルでの議論にさせていただきました。 回答ありがとうございました。

1

集中定数回路ならいついかなるときも成り立ちます

1人がナイス!しています