道路交通法に詳しい方、是非教えて下さい。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(14件)

1

難しいんですよね。 法的にはそれで合ってますが一部例外もあります(危険な場所では老人・子供は自転車で歩道走っても問題ない等)。 日本の道路の狭さもややこしくしてる原因ですが。 あまり法でがんじがらめにすると自転車が狭い車道走行してる時に自動車が物理的に遅い自転車抜くのにイエローラインはみ出すのも取り締まりしなくてはいけなくなり、いろいろ面倒なので自転車に対しての道交法の法順守は曖昧な感じで流してるのが現状。 あと曖昧にしてる原因の一端が自転車を取り締まる場合に自動車のように行政処分なんて甘い制度がないこともある、注意ならいいが切符切るとなると一発で前科者ですからね。 一方自動車は違反金放っておいたり出頭命令に従わなかったりしない以外はどんな違反しようが前科付くことはないですし。

1人がナイス!しています

0

「車道が原則、歩道が例外」です。 ですので、歩道を徐行で通行するのは、OKな場合もあります。 車道の場合、これも車道の信号に従うのが基本ですが、歩行者用信号機に「自転車 歩行者専用」という補助標識がある場合はそっちに従うルールですね。 横断歩道は、歩行者の通行を妨害しなければ、乗ったままでもOKです。

0

以前は歩道も走行可能だったので、一概に違反とはいえまへん。いわゆる「自転車歩行者通行可」という歩道です。基本は車道通行(一番左の更に左側)ですが前述の通り、歩道も走行可能です。曖昧な答えをした警察官には、もっと道交法を勉強して出直せ!といいたいです。

2

合ってません。 一般的に軽車両は車道を通行しなければなりませんが、自転車(政令で規定された「普通自転車」に限る)は、例外として一定の条件で歩道を通行できます。 「自転車は軽車両に相当するから、走行時は車道を走らなければならない。」と言うのは、「クジラやイルカはほ乳類だから陸上で生活する」と言ってるのと同じようなものです。

2人がナイス!しています