個人事業主のふるさと納税について、夫婦のどちらがしても良いのか教えてください。 妻が個人事業主(青色申告)で、私は専従者(扶養の範囲内)です。

税金 | 会計、経理、財務46閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうですよね。ありがとうございます。

お礼日時:5/18 8:19

その他の回答(2件)

0

ふるさと納税とは、地方自治体に寄付した人は税金が安くなるという制度です。 どこかの市に3万円寄付したら税金が28,000円安くなり、市によっては返礼品をくれます。実質2,000円の負担で普通に買えば5,000円くらいする牛肉を送ってもらえてお得ということで流行しています。 もともと税金をほとんど払っていない低収入の人は、いくら寄付しても税金はこれ以上安くなりません。3万円払って5,000円相当の牛肉を得るだけの話になります。 安くなると言っても、寄付しなければ税金10万円のところ8万円寄付して税金が78,000円安くなるということはありません。所得によって寄付金控除の上限額は異なります。税金の大部分が寄付金控除でマイナスされるということはなく、せいぜい3割くらい減るという感じです。(このへんは計算が複雑ではっきりとは言いにくいです) そういうわけで、ふるさと納税はそれなりに所得があり税金を払っている妻がやらないと寄付金控除の恩恵を受けることができません。

0

あなたが住民税を納めていないのであれば、そもそも控除する税金がないということなので、単なる寄付になってしまいます。