ID非公開

2022/5/12 8:10

1313回答

プロフィールに「天使の末裔です。」と書いていた占い師がいましたが、天使の末裔って、いませんよね?

超常現象、オカルト170閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほどです。 前世は神様とか、何とかのアチューメントを受けたとか言われても証明できませんしね。 ありがとうございます。

お礼日時:5/18 20:28

その他の回答(12件)

0

いませんね。 先にお答えなさった方と同じですが、 天使は自然霊ですから。 人霊は天使になれません。

1

西洋の諺の1つ目は、 初めに言葉ありき」ですので 言葉が生まれれば、その人生を左右する、言葉になります。 例えば、 1)末裔に相応しい生き方を目指せば、近ずくかなと、思えます。 2)商売で使えば、半分の方が、または、一部の方が慕ってくれます。 ・その影響として、末裔であろうと、なさることは良いことです。 3)仙人の末裔になりたいけど、と途中までの「努力」あり そのあとは、子供さんが引き継いで、 仙人の道に相応しい何かを、目指しておいでです。

1人がナイス!しています

1

ちゃんとした霊能者や沖縄のユタと言われる人たちによると、時々輝いている人がいるそうです。 その輝いている人ってなんなんだというと、神様の眷属だそうです。 眷属とは神様に仕える者、神様に使われる者のことです。つまり天使ですね。 人は向上すれば神にはなれませんが、天使にはなれるようです。 人に生まれることは無いという人もいますが、一定の使命を持ち転生する人もいます。実は神様でさえも生れてきます。 こういうとスーパーマンが生まれて来ているように感じるかもしれませんが、この世界は神様が作られた世界です。その神様自身がこの世の理を無視したことは理由が無い限りされません。 なので、天使の末裔はないわけではありません。でも、普通は人と同じようにこの世に生まれればそれまでの記憶は忘れて生まれてきます。 ちなみに神様は一神にして多神が正解です。つまり分身されます。神様にも上下がありこの世に転生してくるのは通常二流以下の存在です。 だから、私は天使だという人はまずいないはずです。したがって末裔という自覚はあるはずもない事になります。

1人がナイス!しています