地球に「金」が有り余るくらいあって、そこら辺掘っても「金」が出てくる世界だったら、ダンベルみたいな扱いされるんですか? ※金=鉱石

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 なんじゃそりゃの結末ですね。スッキリしました! 他の回答者様もありがとうございます。

お礼日時:5/17 10:30

その他の回答(6件)

0

なんか昔の映画を思い出しました ラストで主人公が言うんです。 「もし大地が金でできていたら、人々は一握りの土を奪い合うだろう」と。 そこいら掘ったらどんどん金が出てくると言うのなら、当然のごとく価値はほぼないものとなります。裏庭の石ころと同じに。 ダンベルにするにも及ばない価値しかないものになると思います。柔過ぎて落としただけで変形するんで。そういう世界でも金よりよほど「高価」な鉄がやっぱり使われることになるでしょう。

0

工業的に「金」は、展延性に優れ、腐食に強い、という二つの特徴があります。そこが便利なんですよ。 ダンベルのような扱いはしません。柔らかすぎるので、ダンベルには向いてません。 安けりゃ、電気的な接点は全て金メッキにしてほしいところです。 家じゅうのコンセントが金メッキされて、家電製品の全ての差込プラグも金メッキされているような感じです。 しかし、高い。 高くてもいい製品、携帯電話の充電端子などは金メッキです。

2

「金」は貴金属、宝飾品という以外に 「化学的に安定している」という性質上、 工業にもたくさん使われています。 その他にも、金という金属の独特の性質により、 「都市鉱山」なんて言葉が在るくらい、 化学、工学、医学など様々な用途で、一般に広く使われている。 (パソコンやスマホなどは有名ですね) これ等が、今よりも安く造れる事になる。

2人がナイス!しています

0

貴重品としては価値はないけど耐食性が強いとかいう独自の特性は利点にはなります。 どこでも安く金が手に入るとなればもっと身近にこういう金独自の利点を利用した製品が作られるでしょうね。