ユダヤ人はなんで資本家でもありながら、共産主義も好むんでしょうか?

世界史 | 宗教68閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:5/18 20:24

その他の回答(3件)

0

おっしゃっていることが意味不明ですが、仮に共産主義だと、ユダヤ資本はその資本をまず共産党に全部渡します………… それで終わりで資本が手元に残りません。残ったらそれは共産主義とはいいません。経済史や経済学概論をよんでみましょう。

0

アシュケナジやスファラディなど存在しません。民族の創作であり、ただ名付けているだけです。 ユダヤ人というものは、特定の遺伝子に特徴付けられる民族ではありません。宗教やヘブライ語だけがアイデンティティとなるのでしょうが、現在、ユダヤ人と呼ばれている人々が、中東でそういったアイデンティティの単一集団の血統上の子孫であるという科学的証拠はどこにもありません。 ナチスは欧米の資本家が支援していた疑いがあり、ロシア人のプーチンがそう述べたから、ノーベル賞学者が言ったから、などという権威と発言の一致だけで科学的根拠が決定されるものではありません。誰が、どのメディアが書いていたから、ではなく、問題はその科学的根拠です。 上で述べている回答でも、ナチスドイツの判別のことが書かれていますが、その基準が本当であったとして、信教と血統を一緒にしている時点で科学的根拠がズレています。信教と遺伝子上の特徴は関係がありません。これはシオニズム運動が何たるかを考古学的事実に基づいて考慮すれば、自ずと答えが出るものです。 「ユダヤ人」という言葉は、英国や米国の資本家が、石油のための中東政策の一環として支援したシオニズム運動に基づいて創作したものです。シオニズム運動とは、聖書の一節である「出エジプト」に由来する、イスラム教徒に追放されたということになっている「ユダヤの民」のための国家建設運動のことです。 しかし、近年、この米英などが支援したシオニズム運動の根拠となる聖書の一節は、考古学調査から、その記述を証明するものは見つかっておらず、その他の多くの記述も含め創作話であったことがわかっています。創作話であるということは、ユダヤ人のための国家建設という大義が嘘に基づいているということです。また、事実、ユダヤ人というのは、それを裏付けるように遺伝子上の判断基準は存在しません。イスラム教徒に追い出され、この地から世界各地へ離散した人々についても、それを裏付ける生物学的な根拠は全くありません。適当なんです。エルサレムのあった場所は、もともとアラブ人などが住んでいた場所だったという可能性が高いということです。 ですから、このユダヤ人というものを、さも遺伝的特徴があるかのごとく、後の迫害の例や反ナチス団体などを引用して述べている学者やメディアが殆どですが、これは創作話に基づく誤解が独り歩きしているだけだと言えます。民族と歴史の創作です。 政治的な思惑を考慮して言い換えるなら、米英などが中東に傀儡国家を建設するために、聖書の一節を引用し、イスラム教徒に罪悪感を植え付け、中東に地政学的な「くさび」を打ち込むために広めた政治的プロパガンダであった、とも言い換えられるかもしれません。 こういった上述の一部の事実は、イスラエルの建国当初から、現地の学者らの一部は知っていたそうです。これは、テルアビブ大学のシュロモ・サンド教授が、緻密な調査とそれを裏付ける政治的背景から、自著でそういったことを曝露されています。アシュケナジだのスファラディだの、生物学的な定義がない民族を勝手に創り、そのあいまいさを逆手にとって各地に散らばる国家に対する帰属意識のない人々を勝手に民族やイスラエルと結びつけているのです。ただの政治工作・情報工作です。シオニズム運動とイスラエルを誰が支援してきたかを知れば、この神話を広める人物とそれに相乗りする学者や言論者の素性がわかります。これは、イスラエルの建国の根拠や欧米のユダヤ人団体の存在意義を揺るがすものです。 ①「ユダヤ人の起源 歴史はどのように創作されたのか」 著者 シュロモ・サンド https://honto.jp/netstore/pd-book_03293383.html

0

共産主義者は資本主義の発展の先に共産主義を位置付けているんじゃないの?