回答受付が終了しました

日本人に遺伝子が1番近いのはチベット人ですか?東南アジア人ですか?

ヒト | 日本史239閲覧

回答(5件)

0

韓国人に一番近いのは中国人となります。 国立遺伝学研究所の斎藤成也教授の「2016年」発表の「別冊宝島2403」には、核ゲノム分析による各集団の3次元プロット図が掲載されています。(徴用工、慰安婦) ↓集団遺伝研究部門 斎藤成也教授監修の『DNAでわかった日本人のルーツ』宝島社より出版 https://www.nig.ac.jp/nig/ja/2016/12/information_ja/20161205.html ↓「別冊宝島2403 DNAでわかった日本人のルーツ」斎藤成也 監修 http://tkj.jp/book/?cd=20240301 ↓核ゲノム分析による各集団の3次元プロット図(2016年版)。↓「ソウル」は「(中華人民共和国)瀋陽」と遺伝的に同じです(↓図をクリックすると拡大できます)。 .

画像

↓核ゲノム分析による各集団の3次元プロット図(2016年版)。↓「ソウル」は「(中華人民共和国)瀋陽」と遺伝的に同じです。

画像
1

1番近いのは韓国人です。 最新の核ゲノムで見た主成分分析の図が下になります。

画像

1人がナイス!しています

チベット人はY染色体ハプログループで見ていた時代は近いと思われていました。 しかし最近の研究ではチベット人のY染色体ハプログループはD1a1で日本人・韓国人のD1a2aとは少し違うことが分かりました。 しかも、今はY染色体ではなく核ゲノムで遺伝的な距離を見ます。 核ゲノムで見た場合、下図のように日本人とチベット人は大きく離れます。

画像
2

んなぁわけありません!! プロパガンダですか? 日本人と韓国人のDNAは一番近いという結果 (日本国立遺伝子研究所) ネットの中でよく「日本人と韓国人のDNAは全く異なる」という個人ブログが見られますが、すべてに共通してるのは縄文日本人(沖縄アイヌなど)と韓国人のDNAの違いで、弥生時代以降今日に至る両国民のDNAの比較ではないことが分かります。客観的には、紀元前に中国江南地方より朝鮮半島や日本列島に移住した弥生人の血をどちらも継いでおり、その後、モンゴル系と混血した半島人や縄文人と混血した日本人の差は出てきているものの、国立遺伝子研究所の調査結果では両者はDNA的に一番近いという結果が複数の研究調査で出ています。政治的に確執している問題とは別に人種的には大差はないのももう一つの現実のようです。

2人がナイス!しています