物損事故の100%被害者ですが、相手の保険がチューリッヒで担当者が狡猾で被害者の私には何の連絡もなく修理費と廃車の場合の安い評価額をディーラーを通して伝えてきましたが、

自動車保険150閲覧

ベストアンサー

0

その後加害者に確認し、担当者に連絡し抗議し以後受信拒否したら上司が賠償額を増額すると言ったので妥協ししました。送らて来た承諾書には、当初代車代は保険会社が払うと言っていたのに、私が払うように書かれており、結局賠償額は同じくらいでした。危うく署名するところでした。こんなチューリッヒとの対応はどうしたらいいのでしょうか、教えてください。

その他の回答(1件)

0

>相手の保険がチューリッヒで担当者が狡猾で ↑ 事故処理は単なる事務処理ですから狡猾等の個人の感情や性格などが入る余地は有りません。 相手は個人では無く会社ですから会社のマニュアル通りの処理です。 >被害者の私には何の連絡もなく修理費と廃車の場合の安い評価額をディーラーを通して伝えてきましたが、 ↑ チューリッヒに入庫先を連絡したのは誰ですか?損害賠償金は修理費用と、時価額の安い方と決まっているのでそれを連絡してきたのでしょう。 保険会社から見れば貴方は交渉相手ですから、お客様扱いは期待できません。 貴方が相手の提示内容に納得できなければ、貴方が直接交渉するか弁護士費用の特約を使用して弁護士に依頼するかです。