アバター2やっと公開決定しました。

外国映画158閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりました。 ありがとうございます。

お礼日時:5/18 23:02

その他の回答(1件)

0

過去の極端な例だと、『ターミネーター2』の続編を自分の手で作る気になって制作公開するまで28年も かかった慎重派ですから、そんなもんかと。 実際は『ターミネーター2』の前に『アバター2』を撮り終えてる順番だったのかも?とは、思いますが。 なぜなら『アバター2』企画当初はキャメロンの敬愛する師匠リドリー・スコット氏が『エイリアン』前日譚の制作にかかろうとしてた時期に重なり、『エイリアン』フランチャイズはキャメロンと師匠による二人三脚で営まれてました。 そんな当時、不測の「事件」が起きました。 顔を合わせてはホンの二言三言の相談しか聞いてないニール・ブロムカンプが、勝手にシガ二―・ウィーバーと意気投合。リドリー監督が前日譚制作を公式発表する前に、「次のエイリアンは僕が監督する。スコット監督も公認で、企画は快調に進展中だ!!」と大々的にメディアに触れ回ってしまったのですね。 この予期せぬマナー違反の暴走に、さすがのスコット氏も大激怒。当然、若造ブロムカンプはハリウッドから干されるハメになり、出世の道を没収されました。シガ二―・ウィーバーも、これで(それまで良好な関係だったハズの)リドリー御大の失望と恨みを買いまくることに。 そんな大喧嘩が勃発してしまったタイミングで、まさか一番弟子のキャメロンが(自分の代表作に)ウィーバーを再起用できるワケがありません。 たぶん『アバター2』完成が当初予定より遅れてしまったのは、このときのシガ二―・ウィーバーの"裏切り行動"に怒るリドリー師匠の「不快感が癒えるまで」冷却期間を置いた結果では? …と勝手に解釈してます。 それくらいキャメロンの(スコット御大に対する)師匠愛は厚くて揺るぎない、ってことですよ。若き日に、あれほどの代表作『エイリアン』の続編を任せてくれた恩人ですからね。少しだって嫌われたくないでしょう。