日光東照宮に徳川埋蔵金が隠されているという都市伝説は本当でしょうか? また、掘り起こさない理由は何でしょうか?

ベストアンサー

0
画像

鶴亀仏具は、東照宮と同じ時代のものですが一回り小さいもの(試製品?)が九州にあります。 都市伝説で、カゴメの歌が埋蔵金の在りかをなんてありますが、鶴亀仏具が全国で二か所ある。 朝鮮から家康の墓に贈られたものを大事な埋蔵金の在りかのヒントにするなんて到底考えられません。

その他の回答(4件)

0

無いですね。あれは出城ですよ。徳川は贅沢し過ぎで金がありません。 まして東照宮ならせいぜい五代あたりまでに埋めなきゃ意味がない。家光造営の際には諸国大名が工事に参加していますから、その時は無理です。 徳川は征夷大将軍。これは夷敵を成敗する将軍という意味です。真の夷敵は東北以北の民族です。だから鎌倉にしても徳川にしても征夷大将軍では東北勢を抑えなきゃなりません。 地図で見ればわかりますが、東照宮の付近は東北から攻めてくる間道の出口です。そして太平洋側にも出やすい。こちらには徳川ゆかりの大名が構えて居ますけど応援にも出やすい場所です。なので鉛を多く使い鉄砲の弾を補充しやすくしてあるのです。 当然ある程度の軍資金はあったかもしれませんけれど、埋蔵金というほどの額ではないと思います。