ブラックホールの直接撮影とブラックホールからの重力波の観測とではどちらの方が量子重力理論の完成により貢献するのでしょうか?

物理学 | 天文、宇宙89閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ガンマ線バーストって意外ですが、まだあまり詳しくわかってない現象なんでしょうか?何かそのための観測計画とかあればいいですけど。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:5/22 22:45

その他の回答(1件)

0

重力波は宇宙で空間に起こるとされる重力の波を観測してます。 空間が動く現象はGPSでも証明されてます。 空間が波打つのを観測するのは、ブラックホール同士などの巨大な動きのようなもので見られます。 ブラックホールの直接撮影は、現象が写し出された事です。 量子重力を考える上では重力の考え方ですか、それを量子を元に考えるという意味になります。 漠然と写し出されて映像と重力を波と捉える現象と比べて量子を見るのでは、波の方が動きがあって、その方が量子を説明する上ではややいいのではないかと思う程度です。 ただ私は量子の課題で、重力の元に重力子があるとされているのでは疑問を感じてます。 今の科学では重力の元に、重力子というのがあるのではないかとしてます。 未だこれは想像の内になってますが、加速器で原子核同士など互いに衝突させる実験で見つかるのではないかとされてます。 ところで私は独自に宇宙を考えているのですが、重力子が存在して重力の原因になっているとは思えません。 元々私は重力子など存在してない思いです。 これは原子核等加速器で互いに衝突させて、素粒子を見つけたとしている科学の目的として浮かんで来たものです。 しかし私は自然界では原子核が壊れて素粒子になっていなかった思考です。 それで重力の原因は原子核等が、外に破れないで囲っている状態が、このままで重力の元になっている考えをしてます。 加速器で原子核等衝突させ素粒子というものに分解させて、宇宙の根源を見いだそうとしてます。 これで重力の元になる重力子なるものが発見出来るのではとしてますが、これが返って理由を分からなくさせている気がします。 それで自然では、元々原子核がバラバラの素粒子のようになっていなかったと私は考えてました。 これが壊れないで囲っている状態が、カキ貝のようにして、開けようとしても踏ん張っているような力です。 これが内向きに働いていているのが重力の元になっているという考えです。 極近くでは核融合の力になります。 なお私はブラックホールで回答しているので載せてみます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11259452026

回答ありがとうございます。わかりました。ただ少しあなたの文章は読みづらいです。「てにをは」というのか、専門用語はわかりませんが、その辺をもう少し改善するといいと思います。余談でした。m(__)m