韓ドラの日本人ドラマってなんでこんな差がついてしまったのでしょうか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

また、Netflixは韓国に500億円の資本を提供して専用スタジオを作ると発表しました。 それもこれも、国主導型(トップダウン方式)でコンテンツを世界に売り込んで成功したからです。

その他の回答(3件)

3

観たままの単純な感想ですが、 いつの時代も『憧れ』は高身長なんだなと思う。 エンタメと成れそうな物の違いだと思う。 韓国は役者さんを美しく見せるのが上手だと思う。作る側と演じる側の美意識が近いのかな。見せ場を心得てるとも思う。胸板や、脚線美を見せて、男性も女性もおおーってなるシーンなど単純で分かりやすい。 日本のはファッションなのか、内面ナチュラリストなのかよく解らないけど、セクシーとは思わない。 非現実を味わうには韓国ドラマ見たくなる。近所の公園にいる珍しくカッコいい男性を見るよりも、リムジンに乗ってる御曹司の生活を覗く方が面白い。ドジっ娘で不器用な女子よりビンボーで一生懸命な女の子の方が応援しやすい。

3人がナイス!しています

2

韓国はへったくそだとすぐ降ろされます。そういう世界とわかっているから役者は必死です。べらぼうに人気があればさすがに主役はってイマイチでも降ろされないし評価それなりですが、そんなスターが主演でも脇役の実力が半端ないのでドラマ全体がぐっずぐずというのはありません。バイプレーヤーたちは次の仕事も狙いつつなので全力だなぁといつも思います。「ヴィンツェンツォ」に登場する脇役2名は「愛の不時着」に出演しているところを見て監督が主役より先にオファーしたそうです。バイプレーヤーあっての韓ドラ!万一脚本がつまんなくても彼らの演技力で形にしていく凄さです。 また、スポンサーより製作側が強いのかな、という気がします。尺がバラバラで途中CMなしという基本フォーマットからして製作側の力関係が伺えます。視聴率取れる監督だと「週1放映にして内容を濃くしたい」というわがままが通ったりしています。資金もそうですが、スポンサー忖度の度合いも差がつく要因ではないかと思われます。

2人がナイス!しています