FXで重度の分析依存症です 環境認識から決済まで正解を求めるので常に迷いが生じ、勝っても全く満足感もないし辛いままです

外国為替、FX180閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ありがとうございます もう自分を追い込まないほうがいいのか未だに答えが出ません

お礼日時:5/22 17:30

その他の回答(6件)

2

トータルで勝たれているのであれば、素晴らしいと思います 負けていた頃は分析依存症でしたね 分析依存症の原因は、トレードしたい病から来ているのは明白で、分析した結果少しでもいい要素があれば、エントリーを繰り返して負けてました 今は入るポイントがほぼ決まってるので、軸となる足でそのポイントでなければ無視ですね 迷いや悩みはトレードをやる限りは無くならないと思いますね 自分のエントリーの間合いに入れば、短期足でと中期足で監視して、タイミングを見てエントリー 損切りと利確も、チャートにはよりますが、基本的なルールはあるので、従うだけです 伸ばすか、伸ばさないか、これだけはめちゃくちゃ悩みます トレードは金が減ったりして辛い時期もありましたが、楽しむのが重要ですね リスク管理とか、当たり前のルールを守るのは当然として、分析とかその辺は割と自由にやっていいと思います むしろ固定化すると、バイアスがかかり負けやすくなると経験則的に思います 最低限のルールは守り、柔軟に対応するのがデイトレの醍醐味ですね!

2人がナイス!しています

2

戦いでは迷った方が負けるそうです。 トレードも迷わないように、また混乱しないように、売買する方が良いと思います。 そのためには、トレードのやり方をシンプルにすることが良いと思います。 分析をやり込むって意味がわたしにはわかりませんが、 判断する基準が、あまりに多いと、迷いが生じます。 分析という言葉がよく使われていますが、 みんなそんなに分析しているにでしょうか? 私は分析はトレードの一部でしかなく、建ち玉の方法など分析以外にも目を向けるものがあると思います。

2人がナイス!しています

2

その苦しみは本物へと成長していくプロセスにおいて絶対に避けて通れないものですよ。良い所まで来ている気がします。自分も同じ道通って来てるのでよく分かります。 ちなみに本当に勝ってる人達は例外なく分析を迷いや悩みがなくなるまで徹底的にやりこんでいます、徹底的に。それこそみんな依存症です、それが当たり前です。大学受験のように2、3年必死こいて勉強すれば達成できるようなそんな甘い世界じゃないんで。オレも辿り着くまで10年かかったし。 でもその苦しい所から挫折しないでさらに突き詰めて行く。その経験がなければ絶対に真の勝ち組にはなれないです。そのためには強烈なモチベーションが必要ですね。オレの場合絶対にプロになりたかったから諦めなかったです、10年かかっても。 そういう意味では質問者さんもまさに今分岐点というか岐路に来ているのだと思いますね。ここで諦めてしまうのか、苦しいけどさらに突っ込んで本気で取り組んで成功を勝ち取るのか。ひとつハッキリしてるのは、ここを抜け出さないと絶対到達できないです。壁のないゴールなんてないから。値動きに対してしっかり説明がつくレベルにまで押し上げて行く。頑張って欲しいです。 最後にかなり昔のだけど、当時オレが尊敬していた回答者さんの回答載せときます。ベストアンサーの「ペシュ」さん。この方に感銘を受けて、絶対やり遂げてやるって決意しました。特に最後の方の文面ね。1:5はちょっと無謀なんだけどw https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1468566399?__ysp=cGVzeXU%3D

2人がナイス!しています

1

まぁまぁ。お茶でも飲んで落ち着いてくださいな(´・ω・`) 他人様の考え方を学ぶのもいいですが、 ご自分が自身の考え方を変えるのも一つの対策になるかと思います。 聞き慣れない言葉でしょうが、 『認知の歪み』のために苦しくなった、うまくいかなくなった状況を 改善するために『認知療法』というものがあります。 画像は『認知の歪みの10パターン』ですが、 もしこれにあてはまるものがあれば、発想を自発的に切り替えて、 状況を少しずつ改善していくといいかもしれません。 トレードを続けるためには自分の心をコントロールできた方がいいです。 お気軽にさらりとご自分を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

画像

1人がナイス!しています

1

依存症で良いのではないですか。 コンスタントに利益を出されている方はこのような傾向の方が多いのではないでしょうか。 勝っていることに満足したらきっと買ったり負けたりを繰り返すと思います。 利益が出ても分析、損益が出ても分析、結局はその人その人のゴール地点が何なのかが重要ではないかと思います。 正直、私も利益が出てますがFXに向き合っている間(取引をせず分析している間も含む)のうち90%はストレスを感じています。 残り10%は喜びではなく、安堵ですね。 ちなみに利確した後もストレス感じています。多分他の方でもこのような方がいらっしゃるのではないでしょうか。 私は苦しいことと、ゴール地点を天秤に掛けてゴール地点の方がより重いため辛くても続けられている感じです。 分析の時間は私は時間あれば5時間でも10時間でもそれを毎日に続けることが出来ます。 そのためのモチベーションは必要ですが。 私は高確率で再現性の高いポイントでのエントリーになりますね。 これに関しても質問者様は分析に関しては他の方よりも深い場所におられるのではないでしょうか。そのため再現性の高いポイントなども熟知していることだとおもいます。 私はもし辛くても続けられるならそのまま追求されていくのはいかがでしょうか? もし辛さの方が上回るのならFXという列車から降りるという選択肢もあるかと思います。 もし分析依存症を克服出来てしまったらFXという列車から降りないと資金を溶かしてしまうのではないでしょうか。 FXとは分析し続けることにより利益を出し続けることが出来るような気がします。

1人がナイス!しています