二式大艇とUS-2って似てませんか?秋津洲可愛いかも。

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(2件)

0

何と川西の二式大艇の主任設計者菊原静雄さんは 強風 水上戦闘機から派生した紫電 紫電改の設計部長もやってるんですよ

1

似ていて当たり前です。 二式大艇は当時として画期的な離着水能力があった水上飛行艇でした。 開発したのは川西航空機です。そしてこの会社の戦後の名前が新明和工業です。 戦後、海上自衛隊はアメリカ製の水上飛行艇を購入して自衛隊は試験、その結果を踏まえて新明和に対潜哨戒飛行艇PS-1の開発を依頼、新明和は戦前の川西航空機時代の技術を元に改良した大型対潜哨戒飛行艇PS-1を開発しました。 完成後この機体は岩国の海自基地に配備され活躍しました。専用のスロープから海に進入して離水、海に着水後にスロープを経て陸に上がり、水洗を受けるという方式の運用でした(今は全機引退済み)。 波の高さ3mでも離着水可能な高性能を発揮して見せ、この性能が買われ救難飛行艇を開発することになりました。ただ、この場合は輸送先の飛行場が岩国とは決められず、羽田などの陸上飛行場にも着陸しなければならないため、脚装置の強化など大幅な再改良されてUS-1が完成し運用され、改良型US-1Aとなり、その改良発展型水陸両用救難飛行艇として開発されたのがUS-2です。 と言うことで、US-2は二式大艇の技術の延長線上に開発されているので、似たところがあって当たり前と言えます。

1人がナイス!しています