京都での義経襲撃事件の黒幕、仕掛人は誰ですか?

日本史 | ドラマ190閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

土佐坊昌俊(とさのぼうしょうしゅん)(?~1185) 僧兵で武士。 源範頼に随い、平家の討伐軍に参加。 1185年(文治元年)10月、源頼朝の命を受けて義経の殺害のため85騎を連れて上洛。義経の館を急襲したが失敗。一旦は逃げたが、つかまり10月26日に六条河原で斬首された。 襲撃成功の場合の褒美として、下野の国中泉荘をもらうことが決まっていた。 というのが「歴史辞典」の解説です。