①仁義なき戦いや孤狼の血の広島弁は、広島県民の方からすると自然なのでしょうか? ②男性の広島弁を堪能できる映画が他にあれば教えてください。 できれば任侠/アウトローものが良いです。

日本映画 | 日本語215閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

1

アニメの、はだしのゲンは割としっくり来ましたね。 方言とは違いますがゲンが言った「わしは頭がええのう」など自画自賛する言い回しは昔の広島県人特有の言い回しで懐かしくなりました。

1人がナイス!しています

2

仁義なき戦いは当時の広島人が使っていた言葉で、呉弁が混じっています。 今は後期高齢者ぐらいしか使いません。 孤狼の血は聞いてるとムズムズします。 この世界の片隅に(ドラマ)はまあまあよかったですがあれも戦時中の呉弁なので広島弁とも少し違います。

2人がナイス!しています

1

>>「仁義なき戦い」は、私が小学生から高校生くらいの時です。私らの世代ではという註釈付きですけど(傘寿です) ☞jij********さん、計算が合いませんよ。「仁義なき戦い」の第一作は1973年ですから、その時小学校一年だった人は55歳、高校3年生だった人は67歳ですよ。年上にサバ読んでますw

1人がナイス!しています

2

仁義なき戦いについては、厳密的に言えば違うのですが、 発する言葉に勢いがあるからか、まあ許容範囲っていう感じです。 まあ、「ささらもさら」みたいに、広島弁ではないものも、 まざってはいますが。 孤狼の血は・・・はっきり言ってダメです。特に松坂さんとか若い人のものは、 言葉が軽すぎで、とても違和感あります。 広島弁だったら仁義なき戦いの後にある「実録シリーズ」の広島モノとか。 (県警対組織暴力とか脱獄広島殺人囚とか)

2人がナイス!しています

0

「孤狼の血」は、見ていないので何とも言えませんが、「仁義なき戦い」のほうはアクセント、イントネーションはピッタリとは言えないですが、語彙は自然です。私らの世代ではという註釈付きですけど(傘寿です)。 普通の善良な市民でも「わりゃ、そがあなもとうらんかばちたれよったらしごうしちゃるで」くらいなことは言ってました。もちろん冗談半分にですけど……。 「仁義なき戦い」は、私が小学生から高校生くらいの時です。 広島の繁華街である流川あたりに行くと黒いダブルのスーツを着たお兄さん達がうろうろしてました。 ②については知識がありません。多分、「孤狼の血」くらいでは??