ID非公開

2022/5/16 18:40

1515回答

自殺しても楽になれる保証はないですか?輪廻転生とか天国や地獄ってあるんですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(14件)

1

死んだらそれで終わり、死後の世界信仰なんてコンプレックスにまみれた人間の自慰行為っすよ。(-。-; 生きて楽しみを見つけよう! 死後の世界云々なんて信じたところで、誰も責任とってくれないっすよ。(笑)

1人がナイス!しています

1

qrj********氏は、非の打ちどころのない正論を述べいます。 生きてる間なら、美味しいものが食べられたり、趣味、音楽、入浴等 気分転換出来ます。 自殺すると、そのなもの一切存在せずトンデモない苦しいに悶えますよ。 自殺の甘い罠 http://jstnamiwn.nobody.jp/index.html

1人がナイス!しています

3

イギリスのドキュメンタリー番組で前世のことを記憶している子供の前世の記憶を検証する特集をテレビで見たのですが生まれ変わるまでに50年くらい要しているようでした。ほとんどの子供は前世の記憶を持っていません。人間は強い衝撃を受けると記憶をなくすことがあるそうですが、出産という強い衝撃によって前世の記憶をなくすのではないか。其の中にあっても、たまに前世の記憶を残している子供がいるのではないでしょうか。前世の記憶を残している人は前世において暴力死、または事故死した人たちであるという研究結果がアメリカ心霊研究協会に残っているそうです。キリスト教は生まれ変わるという考え方は有りませんが、キリスト教国のアメリカ映画で生まれ変わるというのを題材にした映画が増えているような気がします。 仏教は生まれ変わるというのが基本の考え方です。生まれ変わるのですから天国や地獄が現実とかけ離れた所に在ったのでは辻褄(つじつま)が合いません。天国も地獄も現実の世界で見ることができます。例えば金持ちの幸せな家庭に生まれる子供と、貧乏で親から虐待されるような家に生まれる子供、この違いが天国と地獄です。他には平和な国に生まれる子供と戦争が絶えないような国に生まれる子供、この違いも天国と地獄です。天国や地獄は生まれる場所のことなのです。 仏教の地獄絵図は比喩です。地獄絵図には火で焼かれたり身体を切り刻まれたり水責めにされたりしている姿が描かれていますが、爆弾で吹き飛ばされたりタバコの火を押し付けられたりすることとなんら変わりはないと思いませんか。罪人を攻めている鬼は怒り怨み嫉妬に駆られた人間の姿を比喩的に描いたものです。子供を虐待する親や戦争で多くの人を焼き殺し傷ける人間が鬼なのです。 生まれ変わるときは死んでいく時の気持ちと母親となる女性の気持ちが共鳴した所に生まれるそうです。これを感応妙と言います。感応とは相手が楽しそうにしていればこちらも何となく楽しい気分になり悲しそうにしていれば悲しい気分になるようなものです。死にゆくときに多くの人に感謝されながら幸せな気持ちのまま死んでゆけば母親となる女性も多くの人に祝福されながら幸せの中で出産していることになります。反対にだれにも看取られることなく一人寂しく死んでゆけば母親となる女性も一人寂しく出産していることになります。趣味が同じ人が引き合うように同じ境遇の人どうしが共感し引かれ合うのです。ただ仏教では感応し合うのは人間だけとは限らないと言っています。 自殺がなぜいけないかと言うと、自殺は孤独と絶望の中で死んでゆくのですから、生まれ変わるときに孤独と絶望の中で出産している母親の元に生まれることになります。ただそれだけではなく周りの人にも取り返しのつかない後悔と悲しみの記憶を刻み付けることになります。ようするに自分だけでなく自分のことを一番心配してくれる人たちも地獄の道ずれにしてしまうからです。仏教は自殺したら地獄とは言っていません。例えば安楽死のようにみんなに見守られながら心安らかに死んでゆくことができれば地獄ではないということです。

3人がナイス!しています

1

ダンテの神曲を読みましょう。自殺をした魂が、いかに苦しんでいるかが書かれています。 仏教でも生命は永遠と説いています。自殺したところで、宿命からは逃れられないのです。今世で成仏して、永遠の幸せを手にいれましょう。

1人がナイス!しています

1

自殺しなくても、人はみな、唯一誠の神様に対する背きの罪ゆえに、死ぬと地獄で罰を受けます。 ただ、生きているうちに、罪を悔い改めて、「罪からの贖い主」イエス・キリストを信じ通すなら、天国で永遠に幸せに生きられます。 「イエス・キリストによる救いの知らせ(福音)」 https://inochinomizu.hatenablog.com/entry/2017/07/01/113257

1人がナイス!しています