魔法の「法」は「方法」「法則」のどちらなんでしょうか。それとも別の何かなのでしょうか。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんご回答有難うございます。 魔法とは「魔術を使うための一定の法則」のことかなぁくらいの認識でしたが、最近ネット小説を読んでいたら「魔法学」というのがでてきて、私の認識は魔法じゃなくて魔法学なのでは?と思いこちらで尋ねてみた次第です。 技芸、技術→手段、方法というのが一番しっくりきました。 たしかに「拳法」って言われたら拳を使う法則というよりは拳を使う技芸・技術だろうなぁ、と。

お礼日時:5/21 10:56

その他の回答(4件)

0

邪法=魔法=邪教 人を惑わし、世間に害を与えるような教えです。

0

法則です。方法に該当するのは魔術です。

2

「法」という字には、 ①きまり、おきて ②やり方 ③仏のおしえ ④さしわたしの寸法 などの意味があります。 「方法」は②の「やり方」、「法則」は①の「きまり、おきて」の意味で 「法」を使っています。 で、「魔法」の「法」ですが、これは、「ふしぎなやり方」であって、 「ふしぎなきまり」ではありません。 ②の「やり方」、つまり「方法」と同じです。

2人がナイス!しています

0

考えたこともなかったですね。ただ、わたしの考えでは法則は違うのかなと思いました。法則は決まりがある訳で、よく規則やルール、など決められたことが法則になるので魔法には値いしませんね。逆に規則に逆らって不思議なことを起こすので方法の法で良いと思いますよ。