回答受付が終了しました

ID非公開

2022/5/19 1:19

55回答

ショーシャンクの空に という映画のラストでアンディが獲得した37万ドルというのは今の金銭価値にするといくらくらいになるのですか?

外国映画6,154閲覧

2人が共感しています

回答(5件)

2

映画の設定は1960年代だと思われますので 日本円で1億3千万円、現代に直せば10億円相当だと思いますが メキシコへ出て海岸沿いの店を構えて目立たない暮らしをするには 充分な金額になると考えます

2人がナイス!しています

0

ギリ節約すれば暮らせます 最低限の賠償金、ってかんじですね

1

現代の物価が昔の約3倍なので111万ドル相当ですね♪

1人がナイス!しています

4

同じことが気になりました。 1ドル360円で計算して、1億ちょっとでした。 19年?20年?の所得としたら、そんなに多くも無いかと。 まったくの無実で収容されてて、いろいろ酷い目にもあったのですから。 当然の報酬ですね。 所長にも無事にバチが当たって良かったです。

4人がナイス!しています

16

まず、現在の37万ドルはそのまま換算すると 日本円にして4,832万円です。ちょうど、世間を騒がせている 山口県のコロナ給付金事件と同じくらいの金額ですね。 そう考えると、大きな額ではありますが、一生遊べるとは 言えないくらいの金額ではありますね。 でも、ご質問者さんも書かれていらっしゃるように「金銭価値にすると」 ・・・となると、ショーシャンクの空はアンディがお金を持ち脱げする 時の年代は確か1966年だったと思いますので、当時の価値で換算 すると、大体4億1千万円くらいになります。 正確ではないのですが、当時の物価や年収などは今のアメリカと 比べて1/10くらいだったと思っておけばいいと思います。

16人がナイス!しています

なんか他のご回答者さんは勘違いされてるみたいですね。1960年代の日本での大卒初任給は10800円です。ラーメン1杯50円の時代です。仮に1ドル360円だと した場合、37万ドルは 370000X360=133200000円ですが、 大卒初任給10800円で割れば、 単純に133200000÷10800=約12333ヶ月分の収入、1027年分のお金です。 永遠に遊んで暮らせるお金です。 ただ、当時の日本とアメリカでは 物価指数が異なるので、大体、 今の日本の価値に直すと約4億円 くらいの価値になると言う事ですね。

画像