エバーフレッシュ 暖かい時期の屋外管理について

観葉植物94閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答くださったお2人共、ありがとうございました。 具体例が分かりやすかったのでBAに選ばせていただきました。 曇りが続きそうだったので、いきなりですが昼前まで陽が当たる場所に出して数日、元気にしております。 一部焼けはありますが葉を落とすまでではなく、要観察していきたいと思っています。 幹を太くしたくて、屋外で今までより太陽の力を借りたいと思いました。お付き合いくださりありがとうございました。

お礼日時:5/23 20:02

その他の回答(1件)

0

徐々に日光に当てる時間を増やすのが正解です。 日陰のものを急に日向に置くとダメになってしまうのは、葉の葉緑素の数が少なくなっているからです。葉緑素が少ないと光合成は少ししか行えません。余ってしまった光エネルギーは植物の組織を破壊するエネルギーになってしまいます。光を当てているうちに葉緑素は増えていくので、徐々に慣らせば直射日光に長時間当てても大丈夫な株になりますよ。 ですので、今レースのカーテン近くで光を当てているのは正解です。カーテンなしのガラス越しで10〜30分など少しづつ慣らしていってもいいですね。たまに当てているのを忘れて長時間になってしまうことがあるので(私だけかもしれませんが)、気をつけてください(^^;タイマー推奨です。