株の必勝法。基本的に配当金目的で銘柄を選ぶ。株価が上がり予想配当金額よりも良いと判断できれば株を売り払う。株価が下がってしまえば元々配当金目的だと割り切る。この手法がすでに有れば名前や詳細を教えてくだ

株式113閲覧

ベストアンサー

0

普通なんですね!安心しました。 >また、配当の権利を取ったら即損切りすることが多いです。権利落ち以降しばらくは、上がりにくい印象があるので。 この場合、もし損切りした時の損失額が配当額よりも大きかったら、赤字かと思います。このような場合は手放さないのでしょうか?

その他の回答(4件)

0

ごめんなさい、多分名称は無いと思われます。 私もそういう投資スタイルですね。というか、売らないです。 売ると何故か後悔するんです。「良い銘柄だったのになぁ」「さらに上がってるやんけ」と。 まだ無知で、今の投資スタイルが自分の中で確立される前に損切りしたクソ銘柄があったんですけど、それはなんとも思わなかったですね。 それにしても、かなりの下落基調に入ってきました。これは長引くって予想する声もあります。 配当目的とはいえ、忍耐力が必要な時期が来たかもしれません。

0

自身もそのような投資スタイルです 保有銘柄は 固定していて その銘柄たちだけで 売ったり買ったり 昨年はそれだけで かなりもうけていますが この下落で ほとんど時価では昨年なみに。。。 株数は増えているはずなので 将来に期待しています

0

損大利小投資。 損小利大投資は、上がり続けるものは放置し、下がったら損切り。

0

>株価が下がってしまえば元々配当金目的だと割り切る。 これ損してるのでは? 購入価格より株価下がったんでしょ? でもそれを配当で補填するってことでしょ? でも権利落ち日に配当分下がるから配当貰っても相殺される。 結局株価が下がっただけ損してるやん。

売り買いで差額を利益にするのなら損していると言えますが、配当目的なら株価が下がっても保有するのが基本だと思ってます。配当目的でも株価がある程度下がったら手放すものなのでしょうか?