その他の回答(4件)

0

「憧れ」とか関係なく、作家として世間的にも認められている人なら呼び捨てが普通です。 「~さん」だったら直接つきあいのある人。 「~先生」だったら直接師弟関係にある人。 文豪に「~先生」だの「~さん」だの、失礼の極みです。「~先生」だの「~さん」だのをつけるのは、その作家をディスりたい場合のみです。

>その作家をディスりたい場合のみです。 それはあんたの偏った思い込みだよ 世界狭っw 貴族でも王族でもないタレントに様つけたりするのと同じで ただのファンが先生って呼ぶのは 尊敬や近づいた気分でいたいだけでしょ

0

現代作家で、存命中の人なら、「さん」付けがふさわしいでしょう。 「先生」呼びは、その作家の内弟子とか、出版関係者とか、とにかくその作家に近い関係の人でないと、失礼です。 私がどこかで「東野圭吾先生の新作が・・・」なんて口走ったら、 東野圭吾が「お前誰だよ」と気を悪くするでしょう。 既に鬼籍に入っている作家なら、呼び捨てこそが敬意です。 このカテでも、「夏目漱石さんのこころについての質問です」など、よくありますが、毎回びっくりします。 まさかないだろうと思っていたら、「清少納言さん」や「紫式部さん」も見たことがあります。 知り合いなん!? https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13135928503

確かに不自然ですけど失礼ではないでしょ ただのファンが先生って呼ぶ場合は単純に尊敬してるだけでしょw タレントに様つけるのと一緒 普段から融通きかないって言われるでしょ?

0

憧れがあろうがなかろうが、なぜ作家風情に先生と尊称をつけるのか?って、思いますけども。 私は、本人に向かっても、○△さんって呼んでいます。 それが普通だと思います。