日本語について質問します。前に大学の教授が今の人が江戸時代に行っても言葉は通じないと言ってました。本当ですか?

日本語 | 日本史313閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

3人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございます。方言の強い地域は無理としても、ある程度は会話できるようです

お礼日時:5/25 22:01

その他の回答(7件)

0

同じ日本語ですから、ひと月も暮らせば分かるようになります。歌舞伎や浄瑠璃も繰り返し見ているうちに分かるようになるから不思議。

0

>おじいさんの父親とおじいさんは普通に会話してたわけで、私もおじいさんとは普通に会話してました。と言うことは私は江戸時代の人と会話出来るって証明になります。 なりません。というのは質問者さんはお父さんとの会話で「言ってることが古いな」「今どきこんなことを言わないな」って思うことがあったはずだからです。 一世代変われば、「会話はできても意味の通じにくい言葉」というものが出てきます。 これが二世代、つまりお祖父さんとの会話になれば、もっとわからない言葉の比率が増えるわけです。 おじいさんにはわかる「火鉢」とか、「火口(ほくち)」と言った言葉が孫世代には伝わらなくなります。 であれば、江戸時代の人と現代人の間で「普通に会話できる」と思う方が変でしょう。現代人同士でも地方によっては名詞のイントネーションが違い、会話が成立しないことだってあるんですから。

0

NHKの大河ドラマでは紫式部はすごいわかりやすい日本語でしゃべると思います。 そうでないとドラマの意味がないからです。 あなたの理屈でいくと、映画『十戒』では、ユル・ブリンナー扮するエジプトのファラオと、チャールトン・ヘストン扮する預言者モーゼは何語で会話すればよかったのでしょうか。

0

今残っている古文書などから考えると江戸時代の中頃くらいまでなら言葉は通じるだろうと思います。江戸時代初期だとけっこう言葉が違うので戦国時代だとかなり厳しいと思います。

0

時代だけでなく、場所にもよるのではないでしょうか。 標準語が無かった(いわゆる侍言葉を除く)時代ですから、 鹿児島の人は、江戸時代の薩摩の人とは会話できても、現代の津軽の人と(地元の言葉では)会話できないでしょう。