写真の趣味は何歳ぐらいまで出来るものでしょうか。 先週、疲れたので山の中腹にある公園のベンチに座った まま居眠りし、ㇵッと目が覚めたら辺りは真っ暗、慌てて

補足

それともこんな年齢でも雇ってくれる所があったら 働いた方がいいですかね。無理でよね。

フィルムカメラ | 生き方、人生相談158閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんの一つ一つの意見を拝聴しながら色んな 想像と思考が頭の中を駆け巡りました。 若い時の自分のやり方を、今の私が何が何でも 変えたくないという無茶苦茶な拘りに固執した ところでいつか破綻しますね。皆さん言われる 年に応じた趣味の楽しみ方、自分の変化を真摯に 受け入れるよう努力してみます。 みなさん、ありがとうございました。

お礼日時:5/22 9:39

その他の回答(8件)

0

体力が落ちてきた年齢を自覚したら、軽量のコンデジに変えるなど、体力に合ったカメラを選択すれば、いつまでも可能かと。体がきつくなれば、撮影の被写体をたとえば、庭に来る(又はベランダにくる)鳥、花などに変えれば、寿命のぎりぎりまで可能かと(以上は、70代の当方が実例です)。 写真クラブ云々は、当方独り撮り党のため、わかりません。

0

>60台後半、男性 仕事は既にリタイアされていらっしゃるのですか?「写真」趣味は死ぬまで続けても良いと思います。写真のテーマのために「旅」してみてはいかがでしょうか。旅で新しい出会いがあるかもしれません。 国の政策は「死ぬまで働け、年金貰うな」みたいですので、体が動くうちは何かしら仕事をした方が健康のためにはいいかもしれません。

0

どこでどのように撮るかによって変わってくると思います。 どうしても山でしか撮りたくない、という事であれば、機材を持って山に登り、安全に下山できる間だけ、という事になるでしょう。 一方で、自宅内で静物画のように物撮りをしたり、屋内でのポートレート撮影などであれば、筋力体力が物を言うという世界でも無いでしょう。 それに、96歳で写真を楽しまれている方もおられます。 https://news.yahoo.co.jp/articles/d6363fdd24d0ed295bd408793fe55bed7b2aa984 体力の衰えは、普段の食事と筋トレ、運動である程度抑えることが出来ます。 コンパクトなカメラを持ってウォーキングなど、歳をとってからも写真を楽しむことは出来ると思いますよ。

0

何歳まで出来るのは人によって違うと思いますけど。 人それぞれ人生やモチベーションや健康状態や寿命が違いますから。 今なら暇つぶしの方法なら選択肢がたくさんありますから、第一に写真が撮りたいのでなければ他の方法を模索してみてもいいんじゃないでしょうか。