卒業式=袴姿 というのはいつからですか? 南野陽子が「はいからさんが通る」で袴姿を披露したことから流行り始めたというのを見たことがあるんですが、これって事実でしょうか?

画像

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ベストアンサーは悩みましたが、写真付きで回答してくださったので選ばせていただきます。 皆さんありがとうございます。

お礼日時:5/25 18:29

その他の回答(3件)

0

70年後半に大学入学しましたが、その時の先輩方はみな袴でしたよ。ごくごく一般的でした。 すでに袴のレンタルはあちこちで行われていました。 ただ、着物は自前の方が多かったでしょう。 私は卒業時に無地の着物を誂えましたが、振袖の友人もいましたし、小紋や母親の訪問着の友人もいました。 はいからさんの様に袴+ブーツという姿はありませんでしたが。

0

82年の大学卒業写真が家にありますが、女性はほぼ全員が袴姿です。 また75年の小学校の卒業アルバムも家にありますが、女性教員で袴を用いる人が何名か確認できます。 あと祖母が戦前に教員をしていましたが、年間を通して袴姿だったと話してました。

2

卒業式に袴姿は、明治時代まで遡ります。明治時代に女学校が出来て、椅子の生活には今までの着物が合わず、当時の袴は武士の穿くもので非常な反発を受け、今の女袴が(下田歌子が考案したとも言われています。)宮中女性の切り袴にも似ていると何とか受け入れられました。華族女学校のなどの女学校の制服となり、その後に出来た全国の女学校でも、他に良い服装も考えられず制服となったものです。 卒業式などの式には、黒の紋付に袴が普通の姿となり、制服がセーラー服に代わっても戦争が激しくなって禁止されるまで、式の時だけは袴の学校もありました。 それが戦後に引き継がれ、少ない人数でもチラホラとずっと続いていましたが、はいからさんが通るでブームとなり今になっています。

2人がナイス!しています