ID非公開

2022/5/22 12:18

77回答

会社の敷地内から喫煙所が撤去されて、喫煙を口実にした「休憩」はできなくなりましたよね?明らかに、非喫煙者より喫煙者の方が休憩時間が多くて不公平だったもんな?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

バカみたい

お礼日時:5/23 18:13

その他の回答(6件)

0

わざわざ休憩時間減らすより非喫煙者でも休憩時間が取れるようにすればよかったのでは?ただ攻撃的なだけだと思うんですが

0

まず私の職場環境は相応のしっかりした喫煙所が用意されており、更に喫煙者・非喫煙者問わず法的に決められた昼1時間休憩以外に、合計1時間分の休憩が別途規定されているので、そもそも貴方が言うような不公平な状況自体ありませんよ。 ちなみに貴方の場合はそういった真っ白サラサラなホワイト環境では無く、法的に決められた休憩のみというグレー環境にお勤めなんて、可哀想というか本当御愁傷様なことですね。

1

>非喫煙者より喫煙者の方が休憩時間が多くて不公平だったもんな? それであったとしてもそれが理由ではありません。キッパリ そうであるなら非喫煙者の休憩時間を増やせば良いだけの話しです。

1人がナイス!しています

1

タバコは吸わなくても休憩は出来るんじゃね?w 離席しなくても休憩とかリフレッシュは出来るし、離席しないだけで何の成果も上げていない自称真面目な人もいるしwww 噂では同僚の離席時間を克明に記録してサボりだ!ってぶち上げた人もいるらしいけど、それならそれの貴方自身は仕事してたんかい?という本末転倒、墓穴を掘っている話もあるし、 何より不公平だのズルいだのというメンタルではなぁ^ ^

1人がナイス!しています

2

就業規則に勤務時間は規定されてます。その時間に対して対価の給金が支払われてますから勤務時間内に喫煙で業務から離れるのは規則違反です。厳密には経営者側はそう考えます。休み時間に周囲に迷惑が掛からない様な指定場所で喫煙するか、就業時間内は吸わない事。別に吸わなくても死にはしません。

2人がナイス!しています