ID非公開

2022/5/23 0:28

77回答

「フィルムっぽい写真」の意味を教えてください。どういう意味かと聞いたら「フィルムカメラで撮った感じ」と言われました。さっぱり分かりません。

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

写真用フィルムはあくまで引き伸ばし機で プリントすることを前提にして作られた物です。 そもそも、っぽいは本物ではないモドキ、亜流、 偽物の意も含んでいます。ですからフィルムとは 似て非なるウソっポイ写真なので、っポイと 捨ててくださいね。

0

今の子が言うフィルムっぽいって言うのは 変色してまともな色じゃない写真の事ですよ デジタルが作った様な彩度がしっかりした物じゃなく 色バランスが崩れ寝ぼけたような色の写真ですよ

0

最も一目瞭然なのはピントが合っている部分を拡大したときのエッジじゃないでしょうか。デジタルはシャープに見えるけど、まるでふちどりしたような不自然なシャープさのように感じます。あと、デジタルで彩度を上げすぎると綺麗には見えますが、フィルムでは彩度のコントロールはできないので、不自然な感じがしてしまうのではないかなと思います。

0

フィルムシミュレーション機能の付いた機種なんかもあるわけでそう言う傾向の味付けの写真の範疇と理解すれば良いんじゃないですかね。 フィルムっぽい写真がその人の中で何を指すのかは明確には分からないでしょうけど、全くわからないと突っぱねる人が居るのもまたはなから理解をする気がないとしか思えないんですね。

2

生まれて30年間はフィルムで撮った写真しか見た事がなかったんで、その記憶としてのフィルムっぽいってのなら感覚として存在します。 そして、それに近い線のプリントをデジタル的に作り出す事もできます。 面白いのは2000年代の前半にはそのやり方で作ったプリントを見た人たちが、これはフィルムですね、と見事に騙されたんですが、2010年代になると、そういった意見はほとんどなくなってきました。 その上で、色相を大きくずらしたような写真を見せると、フィルムですか?という事を言うような人が圧倒的に増えました。 同時に、プリントの彩度を上げシャープのエッジを効かせ気味にしないと、綺麗だと言わない人が増えてきました。 おそらくテレビやネットで見る画像、それを表示するモニターに、そのような傾向が多くなってきたんだと感じます。 現状、きちんと仕上げられたフィルムらしい写真なんて、ちゃんと見てきた人は極端に少数派になり、普通に映るデジタル写真に対して、色合いや明るさのおかしいちゃんと写っていないフィルム写真がフィルムの特徴だと思い込んでいる人も大勢いる時代になりました。 20代の人は、フィルムっていうと液晶画面の保護フィルムだと思う人が圧倒的多数でしょう。 なので、この質問の「フィルムカメラで撮った感じ」と言った人も、自分でも明確な意味合いはなく、自分勝手な思い込みで話しているだけで、 >さっぱり分かりません。 というのは至極当たり前なんだと思います。 さっぱりわからなくて当然でしょう。 私もその人がどんなイメージを持っているのかサッパリわかりません。 ただ、私が持っているフィルム写真のイメージとは、かけ離れて大きく違うのだろう、という事だけは明確にわかります。

2人がナイス!しています