回答(25件)

2

日本人の中には国連神話を信じている方がいます。 何かあったら、国連軍が助けてくれる。 まるで、漫画やドラマに出てくる地球防衛軍のように考えている政治家迄いる始末です。 そんな夢物語を一発で破壊してくれるのが現在の国連です。 国連では何もできないことに気付かされるのが、最大のメリットだと考えます。

2人がナイス!しています

4

これは国連の崩壊前夜、 国連は機能しなければ、存在価値が無い ロシアは資源超大国、抜きの国連はあり得ない 米国のしもべが1票増えるだけの話、国連軍など 分担金も倍増し、日本はまず、独立国になる事が先決で 理事国加入は罠的でメリットはありません

4人がナイス!しています

3

あぁ、米国のバイデン大統領がが日本の常任理事国入りを支持すると、表明しました。 それは確かなんですがね。まぁ、国連の改革の一環として、安全保障理事会の構成を変えようとしてるわけ。その流れで日本とかドイツも常任理事国にしたらと言う話なんです。 実際には、常任理事国は、国連憲章が改正されない限り恒久的にその地位にあり、地位の恒久性に加え拒否権も与えられ、大理事世界大戦の戦勝国の5大国優位の原則が明瞭です。日本の常任理事国入りの為には、国連憲章の改正が必要で、しかも5常任理事国すべてが賛成しなければならりませんから、現実的には、中露の拒否権によって不可能と思料します。 ですから、既定の事実では、有りません。 もし日独が常任理事国になったとしても、戦勝国でないため拒否権なし。 メリットは自己満足以外ほとんど無いと思われます。

3人がナイス!しています

2

まだなれると決まった訳ではありません。中露を放り出す必要がありますので。 良い点: 常時世界中の問題について情報を得られるし、意見も言えるし、暗躍もやりやすくなる。 アジアの安全保障を日本に丸投げされるので、それに反比例して在日米軍の規模が縮小される可能性が高い。よって一部の国民に不評な思いやり予算が減る。 悪い点: 中露が排除されれば安全保障理事会が機能するので、常任理事国は世界中の安全保障に対する責任を負う必要が生じる。その為ODAを出すだけでは済まなくなり、世界中に自衛隊の戦力を派遣する義務を負う事になる。 特にアジアの安全保障は丸投げされる覚悟が必要。国連軍用に空母機動艦隊が最低でも1〜2つは必要になる為、防衛費がGDP比2%で済むとは到底思えない。

2人がナイス!しています

7

なれるわけがありません。拒否権を持つ中国とロシアが日本の常任理事国入りを支持するハズがありません。アメリカもそれを百も千も万も承知でリップサービスで言ってるだけです。 おだてられその気になっても金を搾り取られた挙句にお預けを喰うだけです。

7人がナイス!しています