ID非公開

2022/5/23 19:36

33回答

生命保険の受取人と税金について 生命保険2000万円と共済死亡保障800万円に入ってるのですが この内2000万を母に、800万を夫に遺したいと考えています。 子供はおりません。

生命保険 | 税金97閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

すいません、生命保険金の非課税枠=500万円×法定相続人を忘れてました。 貴方の場合 4,800+500X3=6,300万円まで相続税がかかりません。 訂正します。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

病気が分かって色々と不安だったのが、少し軽減されました。 親を置いて先立つ不孝は変えられずとも せめて母に老後資金を遺せそうで安心出来ました。 BAは一番丁寧に教えて下さった方に。ありがとうございます。

お礼日時:5/25 23:34

その他の回答(2件)

0

まあ、死ぬのがちかくなければ、もう少し学ぶか、もう少しものを知っている人と話すのが良いかと。

ID非公開

質問者2022/5/25 23:30

回答ありがとうございます。 返信が遅くなり、大変申し訳有りません。 まさに”死ぬのが近い”体調が発覚したため 慌てて確認したくなった次第です。 良い歳して世間知らずでお恥ずかしい… ありがとうございました。

0

他に全く資産がないという話であれば、相続税はかかりません。 現状、相続税の基礎控除というものが3千万円あります。これは必ず皆さんにあるものです。そして、法定相続人の人数×600万円もここに加算されます。あなたの場合は、旦那様1人なので600万円ですね。合計で3600万円までは相続税がかかりませんので、特に税金を気にする必要はないかと思います。 もし納税が必要になるとしたら以下の場合かと思います。 ①相続税の法律が変わる 相続税の基礎控除は、昭和の終わりまで2000万円でした。法定相続人1人あたりの控除も400万円です。この頃ならあなたは400万円が課税対象となりますね。これが徐々に増えて基礎控除5000万円、法定相続人1人あたり1000万円となりました。しかし、10年程前に今の控除額となりました。もし昭和の基準程度まで戻ると課税される事もないとは言えないので、そこは諦めて下さい。 ②旦那様様が先に亡くなられた場合 この場合、一度あなたが旦那様の財産を相続するので、あなたの財産が増えます。そうすると何かでお使いにならない限り相続税が発生するでしょう。

ID非公開

質問者2022/5/25 23:27

回答ありがとうございます。 お返事が遅くなり、申し訳有りません。 生命保険には相続税がかかる その場合相続人一人あたり500万の控除が受けられる というのだけネットで見知っていたのですが それとは別に控除枠が3千万も有るのですね。 資産家でもないのに、心配し過ぎたようです。苦笑 ご親切に教えて頂き、大変助かりました。 ありがとうございました。