子供が自転車で走行中、出会い頭に車とぶつかりました。 正面ではなく車のフロントドアにぶつかり、横転、

交通事故343閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

乱雑な質問に、とても丁寧にご回答頂き感謝申し上げます。 おっしゃる通り、保険会社は怪我したことの慰謝料に加え、自転車やヘルメットも請求の紙にいくらか書いてください、と言っていました。 精神的苦痛...外に出るのが怖い、学校に行ってみんなに言われるから嫌だと言って学校を休んでいます。 こういうのも精神的苦痛に当てはまるのでしょうか? 他の方の回答では過失割合から見て自転車の修理代はでないとありましたが、 その辺の判断は保険会社がするのですか? またまた質問ばかりですみません

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答をありがとうございました。 色んな事例があるのだと勉強になりました。BAは数ある事例の中から子供寄りにアドバイスを頂いた方にしました。

お礼日時:5/26 16:09

その他の回答(3件)

1

まぁぶつけられたのは事実でぶつけたのは子供でしょ あなたならどうですか? 自分が悪くないのにぶつけられて相手が子供で自転車だから悪いとされる理不尽 それでも少しは悪いなと思っているから修理費は請求してきてないんでしょ 本来ならあなたにも相手の修理費を支払う義務があるんですよ それをしないと言っているんだから十分誠意は感じるけどね

1人がナイス!しています

ご回答をありがとうございます。 フロントドアと言っても前輪付近のため 車のスピードも考えて本当に同時、出会い頭のようなんです。 確かにそういう誠意も感じられますね。 私ならぶつけられた側なら理不尽と思います。 その子に腹を立てると思います。 しかし口から流血している子を目の前にして、大丈夫と言われても、大人としてきちんと保護の対応を取ります。

1

①保険会社の指示ではありません。当人が非常識です。 ②過失割合5:5はなくて、あなたのお子様が、あとから交差点に入っているので、お子様のほうが、過失割合が大きいと思えます。修理費を求められてもしょうがない、状況です。 ③治療費と対人賠償:対人賠償は、治療費と慰謝料です。 自転車とヘルメットの破損の賠償を求めたら、車の修理費の請求があると思います。 ④事故状況は、相手が、あなたのお子様に自転車をぶつけられたといえます。ただし、あなたのお子様が、怪我していて、救護せずに立ち去って、警察にも届けていないので、ひき逃げ扱いになると思います。事故状況は、お子様から警察に届けていますか。届けていなければ、相手の届け出内容が、事故状況になります。保険会社は警察の事故状況を取り寄せて、賠償金の支払いをします。不服があるなら、すぐに警察に事故状況の申入れをして、聞いてもらえれば良いですが、怪我などの確認ができなければ、覆すのは難しいかもしれません。診断書の提出などで、できるかもしれません。まず、警察に事故について相談して見て下さい。 ⑤自転車やヘルメットの賠償を求めたら、車の修理費を請求されて、差額分のやり取りになるかもしれません。車の修理費のほうが高ければ、あなたから支払が必要です。ヘルメット、自転車は新品の価格で補償されません。同程度の中古品の価格が支払われます。同じものを購入するのは、難しいと思います。 お子様が怪我をされて、被害者と思われているでしょうが、あなたのお子様が、先に交差点に入っていた車の側面=フロントドアにぶつかっているので、なかなか、そうは認めてもらえないと思います。

1人がナイス!しています

私のコメントに納得はいかないと思います。ヤフー知恵袋ではなくて、公共の交通事故相談窓口や、有料で弁護士に相談(30分1万円?くらいだと思います。)される方が良いと思います。

0

①そんな指示はしないと思います。 加害者さんはお子さんの事を全然気にしてないんだと思います。 ②自動車と自転車なら五分五分にはならないです。 自動車の方が過失が大きくなります。 たとえ救急車を呼んでいたとしても。 ③加害者さんの保険の内容にもよりますが、治療費と慰謝料の事です。 内容は保険会社との話し合いなので何とも言えません。 ④加害者さんが自分の都合の良いように説明してる可能性がありますね。 警察と保険会社で事故状況の共有はされません。 加害者さん側が自分で加入している保険会社に連絡して詳細と被害者の連絡先を報告します。 保険会社は演技なんてしませんよ。 ⑤自分の車も直したら保険の等級が上がるから直さないのかもしれません。 決定した事が覆る事は無いはずです。

ご丁寧にありがとうございます。 なるほど〜と思いながら拝読しました。 ⑤の回答について、相手が自分の保険を使うという前提かと思うのですが、それだったら自転車の子に請求してやろうって後日思うかもしれないという不安があります...