レンズの世代による性能についてお尋ね致します。

デジタル一眼レフ78閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様色々ご丁寧にご回答頂いた中で、一番現実を理解出来る回答を頂き、ベストアンサーに選ばさせて頂きました。 X2はまだまだ現役と思っていましたが、カメラも随分進化していたのですね。 ありがとうございました。

お礼日時:5/26 7:52

その他の回答(4件)

0

まず、B008は外観デザインとコーティングを変更して、現在でも販売されています。(B008TSとなっている) ピントが合わない原因を特定しないと、やみくもに買い替えても結果は変わりません。 まず、B008は望遠側でF6.3まで暗くなるので、AFの精度が落ちます。 一眼レフカメラでは基本的にF5.6までが保証値であることが多く、それより暗くなるとAF精度が出なかったり、暗い場所で撮影するとAFが迷ったりすることがあります。 B008のAFモーターはPZD(ピエゾ素子を使った超音波モーター)であり、AF速度はそこまで遅くありません。 少なくとも、キヤノン純正の「EF-S18-200mm」よりはるかに速いです。 いっぽう、ボディがKiss X2という、今から15年程前のたいへん古いボディです。AFセンサーもAF精度も旧世代ですから、最近のカメラと比較すれば性能差は出ます。 60Dもすでに10年選手ですので、そろそろ最新型にしてあげたいところです。 …と、色々な要素があるので、ピントが合わない原因が ・暗いレンズであるという構造上の問題 ・レンズが不調である可能性 ・カメラの性能の限界 ・撮影方法や設定の問題 どこにあるかを特定しておかないといけません。 これから一眼レフカメラは縮小傾向で、そう遠くないうちに消滅する勢いです。その資産をこれからまた買い揃えるよりも、思い切ってミラーレスカメラに乗り換えるという選択肢も考えておいた方が良い時期になりつつあります。

0
ID非公開

2022/5/24 15:11

AF性能が格段に上がって且つお値段も安くなってます。 よって質問者が最新機種の恩恵を受ければストレスが減り、 ボツカットも減らせます。 購入に至らなくてもレンタルも可能です。

0

レンズは光の情報をカメラに伝えるだけです。ピント位置を検出して、レンズに指令を送るのが、カメラの役目になります。 買い換えた場合、一番差が出るのは、モーターの差です。新しいCanonはSTMという形式に変わっていて、速くて静かです。10年前のレンズと比べると、体感的に差が分かると思います。ただ、お使いであった18-270mmのような高倍率はラインアップされておらず、55-250mmという感じになりますね。標準域のレンズをお持ちで無い場合、そこも考える必要があります。 本体の性能もかなりアップしています。測距点数が増えて、ゾーンという複数の測距点を一つのグループとしたモードが使えたりするので、不規則に動く被写体を追いかけるときに、ピントを外しにくいですよ。私は動きものが得意で無く、9点の機種の時は良く背景にピントが抜けてしまっていました。測距点は多い方が楽です。 そういう意味では、本体と動作の速いレンズがセットになっている、最新モデルのダブルズームキットに買い換えてしまうのが、案外お得です。レンズと同様、X2もいつ壊れてもおかしくない時期です。レンズだけ先に買って、後からボディーを買い直すとなると、それこそ勿体ない買い方になります。先行投資と考えるのも良いと思います。X2はサブにして、18-55mmを着けておき、集合写真や応援席の様子を撮る用途で使い回しても良いでしょう。ダブルズームですから、レンズをそれぞれのボディーに装着してしまえば、途中でレンズ交換する手間が省けます。サッカーの練習風景などを見ていると、日よけテントやらかなり大がかりに準備されている方を見受けますので、ボディーが一個増えても気にならないのかなと思い、こんな提案もさせて頂きました。

0

>レンズを替えるとピントが簡単に合い、綺麗に撮影出来るものか ピントの合いやすさ・合いにくさは、主に以下の要素が影響するだろうと いうのが、当方の見解です. a)レンズの開放F値. b)撮影シーンの明るさ. c)ピントを合わせようとする被写体の表面の形状. d)被写体の静態・動態の違い. e)フォーカスモード レンズを買い替えるとして、開放F値が今よりも明るいのであれば、改善 はある程度期待してもよいと思います.