ID非公開

2022/5/25 15:29

22回答

ジェットコースター?という航空会社がやたらと安いのですが、なにか裏があるのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/25 16:48

それです! 利用は避けたほうが良いでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます~

お礼日時:5/26 19:29

その他の回答(1件)

1

ジェットスターの事でしょうか? LCC(ローコストキャリア:格安航空会社)は変動運賃制を採用しており、日々運賃が変動します。 繁忙期には運賃を高くし、その分空席が多い閑散期を思いっきり安くしています。 日本では従来はそういった変動運賃制は法規制で出来なかったのですが、海外では既に多くの国々で需要が多かった事もあって規制が緩和され、日本でも認められる様になりました。 そこでオーストラリアのカンタス航空と日本航空、三菱商事の3社が1/3ずつ出資をして設立したのがジェットスター・ジャパンという会社です。 エアバス社のA320とA321という機種を使用していますが、同型を使用するANAよりも座席数が多く、1回のフライトでより多くの乗客を運べる様にしています。 薄利多売方式を採っているという事ですね。 その分座席間スペースが法規制ギリギリの狭さで、体が大きい人にはかなり窮屈な座席配置になっています。 他にもFSC(フルサービスキャリア)では当たり前の無料サービスのほとんどが有料オプションになっています。 (事前座席指定、受託手荷物預け、機内でのドリンクなど) また、キャンセルの際に返金が無かったり、あっても現金ではなく利用期限が半年しかないバウチャー(次回使えるクーポンの様な物)だったりします。 それに、機材を朝から夜までタイトなスケジュールで運航させる事で機材を極力遊ばせない様にしています。 その為、便ごとの少しずつの遅れが玉突きの様に後の便に影響し、たまにその日最後の便が空港の運用時間の到着に間に合わず、欠航になったりします。 そうやって遅れた場合や欠航になった場合の保証(乗り継ぎが出来なくなったり、やむを得ず宿泊が生じた場合等)もかなり脆弱で、ほぼ全てが乗る人の自己責任になります。 「航空券を買う」という行為は航空会社との契約であり、購入が済んだ時点で上記した様な事は約款を読んで理解し、了承したという事になりますので、後から文句を言ってもほとんど聞いてもらえません。 不都合があったら何でも「自己責任」だと思っておけば間違いありません。 (もちろん事故は別ですが)

1人がナイス!しています