つみたてNISAよりも

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

選択肢が多い分、リスクも高くなります。 その辺りを踏まえて商品選びは慎重に。

1

積立NISAは金融庁の指定する投資信託約200本に限定されますが、ジュニアNISA、一般NISAは、全ての投資信託、個別株、ETFを買えます。

1人がナイス!しています