ID非公開

2022/5/26 10:19

22回答

単相3線式回路についてお尋ねします。 「中性点断線時には軽負荷の電圧が過大となり、重負荷の電圧が過小となる」 とのことですが、なぜでしょうか。

工学 | 物理学129閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

訂正と補足 200Vの負荷を→200Vの電圧を 単相3線式は、2つの負荷が同じ(平衡状態)なら、中性線を流れる電流は相殺しあって0になります。(黄色のところが赤と青で逆向き) そして、2つの負荷が仮に不平衡であっても中性線に電流が流れることで、100Vを維持します。 ところが、負荷が不平衡かつ中性線が断線すると、電圧が100Vを維持できなくなります。(仮に断線しても、負荷が平衡なら一応問題はない。)

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

非常に分かりやすかったです。 本当にありがとうございました。

お礼日時:5/26 23:56

その他の回答(1件)

1

軽負荷・・・抵抗値が小さい 重負荷・・・抵抗値が大きい これらが直列だと抵抗値が大きい方に大きな電圧がかかる。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/26 11:03

ありがとうございます。 例えば、どういった事例でしょうか。